スポンサーリンク

【オートファジー】16時間断食2ヶ月終了の感想と変化

-16時間断食

このブログで何度かお伝えしているように、オートファジーを活性化させるべく、24時間のうち16時間は何も食べず8時間のみ飲食する「16時間断食」に取り組んでいます。

初回の記事は↓

前回の記事は↓

ブログは少し間が空いてしまったのですが、16時間断食は順調に続けていて昨日で60日となりました。2ヶ月ですね。そこで、前回からの変化や、16時間断食を継続した感想などを記録しておきたいと思います。

スポンサーリンク

オートファジー16時間ダイエット2ヶ月目を終えて

この感想はあくまでも素人の個人的な感想です。こんな人もいるんだなといった、気楽な気持ちでご覧いただけるとありがたいです。

はじめる前より倦怠感やダルさが減った!

これまでも何度か書いているのですが、16時間断食をはじめるきっかけでもあった「倦怠感、ダルさ」がずいぶんマシになりました。外出しても疲れにくく、以前なら帰宅後何もできなかったのに、今では人並み(?)に行動できています。

この効果は比較的早く表れたのですが、最初のころは「ダルさがマシになったような気がする」程度だったのが、「効果が出た!」になり「あのダル重さがなくなってうれしい!」と感じるように。

日によっては体が少し重たく感じることもありますが、これは誰にでもあることだと思います。連日ダルい、ちょっとしたことで疲れる、仕事後はソファに横になってお菓子を食べるかスマホを見るか、といった生活は卒業できたのではないかな?と思っています。

これはかなりうれしい変化であり、仕事が終わった後にもできることや、チャレンジしてみようと思えることが増えました。16時間断食を行うことで、確実にQOLが向上しました~♪

毎日楽しい!(笑)

前回と重なる内容ですが、ダルさがなくなったからか楽しいと思える時間が増えました。昨年体調を崩していたころは、朝目覚めても「今日も気持ち悪い状態を抱えながら、1日をやり過ごすのか……」と思っていました。

そして体調が少し良くなり気持ち悪さを感じなくなった後は、「疲れた~。ダルい~。やりたいことはいっぱいあるのに、仕事が終わったら何もできない~」と思っていました。

今では休日なら「今日はやりたいことを片っ端からやっていこう!やりたくないことは、やらなくていいんだ!好きなことだけして過ごすぞ~。断捨離。片づけ。ブログを書く。本を読む。お菓子を食べる(笑)。録りだめた大河ドラマを見る。楽しみ~♪」と思い、仕事の日なら「仕事が終わったら、ウォーキングに行って、帰ったら○○と○○と○○のうちどれか1だけでも済ませちゃおう♪」などと思っています。

ザ・前向き(笑)。

16時間断食を始めるまでは、想像もできなかった世界です。やりたいことをやる体力気力が残っているって素晴らしいヾ(o´∀`o)ノワァーィ♪

起床時の口の不快感は時期的なものだったみたい!

16時間断食を2~3週間終えた時点の前回のブログに書いた、起床時の口内の不快感やもやもや感、ネバつき、舌苔の状態から予想される胃の不調について。

どうやら、時期的(1ヶ月の間で変動するホルモンバランス的な?)なものだったようです。前回のブログを書いた後、徐々に気にならなくなり、状態がどんどん良くなっていきました。女性はホルモンバランスによって体調が左右されることは少なからずあり、女性ホルモンのバランスは1ヶ月の間で変動があるためこの影響かな?と思っています。

16時間断食が原因ではないのであれば、安心して続けることができます。

夕食後のお菓子大食いグセが治まった!

過去記事にも書いた通り、16時間断食を始めてからは夕食後にお菓子を食べるクセがついていました。私は食事可能時間を11~19時に設定しているため、18:45に食事を終えた場合「あと15分ある!お菓子食べよう!!!」と思ってしまっていたんですよね。

ただ、今ではそのクセも落ち着き、「18:45か。今後食べなきゃ、明日の朝10:45から食べられるな( ̄ー ̄)ニヤリ」という方向に変わりつつあります(笑)。いずれにせよ食い意地がはっていることには変わりありませんが、胃や体にとっては夕食後にお菓子を食べて極限の満腹状態(?)になるようりも、翌朝10:45分から何かを食べ始めるほうがはるかに良いと思われます。

ちなみに日中のお菓子は、相変わらず量を気にせず食べています。と言っても、昨年胃の調子を悪くしたので、一昨年までのような食べ方はできません。(一昨年までのような食べ方とは、1日にポテチ2袋とクッキー1箱など)でも、お菓子好きな方の一般的な量は食べていると思います。

食べられる量が増えて体重も増えたけど良い傾向かも

ダイエット目的の方にとってはうれしくない結果かもしれませんが、体重の変化についても書いておきましょう。以前も書いた通りこの16時間断食は、倦怠感やダルさをなくすことが目的で、ダイエット目的ではありませんでした。

なぜ、万年ダイエッターの私が「ダイエット目的じゃないんです」なんて言えるかというと……昨年胃の調子を悪くしたときに、3ヶ月くらいで一気に5kg位体重が落ちちゃったんですよね。当然、健康的なダイエットではない(食べると気持ち悪くなるから食べられない)ので、大人になってからの最低体重を切ったときには、どこまで体重が減っちゃうのかとちょっと怖くなりました(汗)。

その後、徐々に食べられるようになり少しずつ体重も戻ってはいたのですが、それでも体調を崩す前よりも3kg位少ない状態でした。このくらいがキープできたらいいなと思っていたので、16時間断食ではダイエットを目的としていなかったんです。

が!(笑)

16時間断食を初めて、夕食後にお菓子を食べるクセが付き、また1日や1回に食べられる量が増え体重もアップ(笑)。

あれよあれよという間に16時間ダイエット前の体重をポーンと飛び越えて、体調を崩す前と比較してマイナス1~2kgあたりをうろうろすることになりました。16時間断食を始める前と比較して、2kg位アップした感じですかね?

ただ!

ただ、私が思うに、16時間断食を始めるまでは、胃があまり機能していなかったのではないのかな?と思っています。そのため消化が不十分で、栄養がしっかりと吸収できていなかったのではないでしょうか?

16時間断食を行うことでをはじめ、などのの調子も良くなり、食べられる量も増えて、吸収できる栄養の量も増えたことが体重アップにつながったのではないのかな?と勝手に想像しています。これは喜ばしき事です。

なので、私の場合は体重が増えましたが、16時間断食を行うことによってもちろん体重が減る方もいらっしゃると思います。

ちなみに、最近は仕事のあとに軽くウォーキングをする日も増え、日常的にこまめに動くように心がけていることや、夕食後にお菓子をドカっと食べる癖がなくなったことから、この先もしかしたら体重がもう少し減るかも♡なんて期待しています(笑)。

できればあと2~3kg減らして、16時間断食を始めたころの体重に戻りたい。その頃と同じ体重に戻ったとしても、多分その頃より健康な状態だと思うんですよね。食事制限はせず、健康的に体重が減らせればなと期待しています。

16時間断食!まだまだ続けます

16時間断食を2ヶ月終えた一個人の感想でした。結論を一言で表すと、「良い効果が出ているように感じられるので、これからも続けます」です。

そうそう、これもホルモンバランスの影響かもしれませんが、11時までほぼ空腹を感じないときと、起きた瞬間からお腹が減っているときがあります。それぞれ一定期間続くので、やっぱり女性ホルモンの加減かなぁ?

ちなみに今は「起きた瞬間から空腹期」です。ここ数日、午前中はずっと「お腹減った~お腹減った~」と言っています(笑)。最近は、夕食後にお菓子を食べていないため、11時よりも少し早くっ食事開始できるんですよね。

ということで、今日もこのブログをアップしたら、少し早めのナッツ&プルーンタイムに突入しようと思います。(ブログを見直してたら、結局11時になっちゃった)

ここまでご覧いただきありがとうございました!16時間断食で、より健康を手に入れたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました