好きなことだけして生きていく!滋賀おひとりさまが行く!

滋賀おひとりさまのnaoが食やお出かけ、引き寄せの法則など興味のあることを書き綴ります

曽爾高原でススキ見ハイキング!ランチは池のほとりでおにぎりを

   

DSC_9793

2019年10月28日(月曜日)。

奈良県曽爾村にある、曽爾高原ススキを見に行ってきました!

曽爾村観光協会さんのブログによると、「関西の軽井沢」と称される曽爾村。

約40ヘクタール高原を覆うススキが、風にそよぐ景色はまさに絶景でした。

奈良県観光公式サイトによると、ススキの見ごろは10月上旬から11月下旬とのこと。

素晴らしい景色は一見の価値ありです!

 

スポンサードリンク

曽爾高原ですすきを堪能!

DSC_9804

関西の観光情報をまとめたサイトを見ていると、ススキの特集がされていました。

そうだ!ススキを観に行こう!

ということで、やってきたのは奈良県曽爾村の曽爾高原

初めての訪問となりました。

月曜日ということもあり、渋滞にもはまらず適度な人出でしたよ。

ちなみにバイクやマウンテンバイクで来られている、男性のおひとりさまも数名いらっしゃいました。

私が伺った日は、さほど人が多かったわけではないこともあり、女性のおひとりさまな見かけなかったかな?

(私もハハと訪れました)。

ランチはお亀池付近のベンチにて

DSC_9803

曽爾高原には、「お亀池」という池があります。

ベストシーズンには、暗くなると池の周辺がライトアップされるのだとか。

ススキは夕暮れに黄金色に輝くので、夕方から日没頃も人気があるようです。

DSC_9797

こちらの写真にも少し写っていますが、池の周辺にはベンチとテーブルがポツポツと点在しています。

私たちはちょうど12時頃に到着したので、こちらで持参したおにぎりお茶でランチしました!

近くに食べ物を販売しているお店も見かけなかったので、ランチは持参したほうが良さそうですね。

因みに、曽爾高原ファームガーデンでは、米粉を使ったパン屋さんがありました。

そちらで買って、曽爾高原で食べても良さそうです。

私たちが座ったベンチから見える景色。

DSC_9796

最高です!

因みに稜線の上に極小の点々が見えますが、これは人物です(笑)。

私たちもあそこを歩いてここまで来ました。

DSC_9793

前述のとおり、ススキは夕暮れ時が人気のようですが、私たちが伺った日は天気が良くて晴天

ススキの穂と、日の光に反射してキラキラ輝く葉と、空の青と雲の白がなんともまぁ美しく。

ときおり吹く風が心地よくて、体全身で受け止めました。

夕暮れ時の黄金のススキにも惹かれますが、私はこの日みた青空の下のススキが大好きです!

亀山峠までハイキング

DSC_9804

ランチを食べ終わった後は、亀山峠までハイキング

上の写真にうっすらとが入っているのがわかるでしょうか?

あの筋が道になっていて、そこを登って上を目指します。

DSC_9804

線を引いてみました。

このラインに沿って登っていくと、「二本ホゾ←→亀山峠」と書かれた道しるべに到達します。

そこから見た景色がこちら!

DSC_9801

おぉ~!絶景かな、絶景かな!

お亀池を見下ろす感じです。

お亀池の右側にうすい黄緑色をしたスペースがありますが、そちらが先ほど私たちがごはんを食べたスペースですね。

道しるべから亀山峠まではあと少しだったのですが、ちょっと足元が悪く感じたので私たちは道しるべで満足(笑)。

しばらく景色を堪能して、来た道をもどりました。

DSC_9789

登りも結構しんどくて、何度か小休憩を挟みながら登ったのですが、下り坂は膝が笑う……どころではなく、膝が大爆笑しておりました。

つま先立ちをしようものなら、ブルブルマシンにのったかのような震え具合(笑)。

このブルブルは、夜まで続きました。

DSC_9795

亀山峠は高さ810mだそう。

普段平坦な道しか歩かない私にとって、これはもう完全にハイキングです!

私のように、ラフなパンツにスニーカースタイルの人も、本格的なトレッキング装備を整えた方もどちらもいました。

二本ホゾの方に行く道はなかなかハードな道に見えたので、準備を整えた方が良さそうです!

肝心のススキですが……

DSC_9789

肝心のススキですが、伺う前に「昨年、今年は不作」という感想も耳にしておりました。

帰宅後もSNSなどを見ていると、今年はちょっと残念だという声も。

私も、ススキ+青空+山の緑+葉の輝き(反射)トータル「絶景だぁ~!」と感激ましたが、「ススキ」だけで考えるとちょっと寂しかったかもしれません。

一面を埋め尽くす、という感じではなく、ところどころススキがない場所もあると言う感じ。

私が伺った日は、葉が光りを反射して発光していたので、すすきの少なさはあまり感じませんでした。

なので、曇り空小雨が降っていると、ちょっと受ける印象が変わりそうです。

今年これから日中に伺うのなら、天気の良い日、青空が美しい日がおすすめです。

曽爾高原で秋の空を満喫しました

DSC_9791

初めての曽爾高原。

何度も言いますが、すすき、高原、山、空、雲、それぞれの色のコントラストが素晴らしく、ほんとうに「行って良かった!」と感じました。

そして、超超超リフレッシュすることができました。

数年前から、季節の草花や自然を積極的に楽しもう!と思っているのですが、やはり効果は絶大です♡

また、大自然を感じに、どこかに出掛けたいです。

曽爾の四季 [ 中務敦行 ]

 - 奈良お出かけ, 旅行・お出かけ