好きなことだけして生きていく!滋賀おひとりさまが行く!

滋賀おひとりさまのnaoが食やお出かけ、引き寄せの法則など興味のあることを書き綴ります

日本薬健プロテイン×青汁でダイエットも美容も健康もおまかせ♡

   

DSC_4545

この度、株式会社日本薬健さんの「プロテイン×青汁」の先行モニターに参加させていただきました。

このブログでも何度か紹介している通り、ダイエットにプロテインは欠かせないものであることから非常に興味をもっていたこと、そして私は朝食に青汁を飲んでいることから、もうかなり興味津々でお試しさせていただきました!

その様子をお伝えしたいと思います♡

 

スポンサードリンク

プロテインってとっても重要!

DSC_4526

青汁は選びきれないほどの種類があります。

そして、青汁+乳酸菌、青汁+コラーゲン、青汁+酵素という商品もちょこちょこ見かけますよね。

でも、青汁+プロテインは見たことがなくて、今回「なるほど!いい!いいよ!」とテンションが上がりました♡

というのも、今やプロテイン(たんぱく質)はアスリートだけのものではありません。

ダイエットやスタイルキープを志す女子にとって、プロテインはとても大切な栄養素なんです!

プロテインは言わずと知れた筋肉の材料(←言い方!)

筋肉が無くなると代謝が落ちて、燃えにくい体になってしまいます。

燃えにくい体ってことは、同じように食事をしても、同じようにゴロゴロしても、同じように運動しても、消費するカロリーが少ないってことなんですよ(ね?)。

そこで私もプロテインに関してはずっと気になっていて、ちょこちょこ調べたりしてみたりもしました。

ただ……。

むずかしい!

プロテイン素人の私にとって、どのプロテインを選べばいいのかがわからなかったんです。

結局、選びきれないままネット+ドラッグストアをさまよって、いつの間にかうやむやに。

で、話はちょこっとそれますが、私は普段の朝食は白湯→豆乳+青汁→ブラックコーヒー

もしこの青汁を、青汁×プロテインに変えれば……

一石二鳥?!

そう、一石二鳥なのです。ということで、はりきってモニターさせていただきます♡

青汁×プロテインってどんな青汁?

DSC_4533

写真ではちょっと伝わりにくいかもしれませんが、この箱……

シルバーに輝いているのです!!

届いたときの衝撃たるや、なかなかのものでした(笑)。

でもものすご~く体によさそう♡

では株式会社日本薬健さんの「プロテイン×青汁」が、どんな商品なのかを見ていきましょう!

日本薬健は青汁売上No.1

「安心で安全な日本の伝統的な薬草や食べ物を通じて、お客様の健康に奉仕したい」

日本薬健の社名には、こんな思いが込められているそうです。

国産大麦若葉100%青汁の売り上げ第一位を獲得。

青汁の会社として実績がある会社なのです。

青汁×プロテインの3つのポイント♡

DSC_4532

青汁×プロテインの3つのポイントをチェック!

ポイント1:たんぱく補給と野菜不足をWで補う

普段から野菜不足を気にして青汁を飲む方は多いと思います。

ただ、案外気づいていないのがたんぱく質不足だということ。

前述の通り私の朝食は、白湯→豆乳+青汁→ブラックコーヒーです。

私の場合は豆乳で青汁を割っているのでかろうじてたんぱく質が摂取できていますが、豆乳きらい!牛乳きらい!で、青汁を水で割って飲む人も多いですよね。

そんな人は、野菜不足は補えてもたんぱく質を摂ることはできません。

また、青汁に含まれるビタミンB6プロテインの代謝を助ける働きがあるので、一緒に摂ることは理に適っているのだとか!

ポイント2:ヨーグルト風味で甘くて飲みやすい!

青汁は体にいいとわかっていても、味が苦手で続けられないという方も多い食品。

そんな方にこそおすすめしたい、ヨーグルト味です!

ヨーグルト味といっても酸味はないので、酸味が苦手な方も安心。

どちらかというと、甘めなので満腹感もありますよ!

小腹が減ったときのおやつとしてや、小さなお子さんでもおいしくいただけそうです。

ポイント3:アミノ酸やビタミン・ミネラル配合

DSC_4530

サポート素材を見るとわかるとおり、プロテイン&九州産大麦若葉はもちろん、アミノ酸、グルコサミン、HMB、ビタミン、ミネラルが豊富に配合されています。

これらはどれもこれも、美容&ダイエットの力強い味方たち。

食事とカラダづくりは密接に繋がっていますが、これらの栄養素なら安心です。

栄養成分表示

DSC_4531

1パック4gあたりの栄養成分表示です。

さらに原材料名も↓↓

DSC_4527

こういった内容を分かりやすくしっかりとハッキリと表示してくれるというところに、商品への自信が伺えます。

メーカーによっては探して探してやっとわかる、もしくは探しても曖昧でよくわからないなんてこともありますもんね。

表示がしっかりしている会社は、会社への信頼感も高まります!

健康運動指導士×管理栄養士監修

DSC_4529

もっと手軽に「プロテイン」を。のコンセプトの元に、健康運動指導士×管理栄養士が監修して作った青汁です。

おすすめの飲み方も参考にしてみたいですね。

実際に飲んでみました!

DSC_4547

株式会社日本薬健さんの「プロテイン×青汁」を飲んでみました!

プロテインを摂れているという安心感!

飲んでみて、急激にカラダが変わったという変化を感じることはありませんが、プロテインを定期的に摂取できているという安心感はかなり大きいです!

これは私が以前から、ダイエットにはプロテイン……ダイエットにはプロテイン……とうわごとのような呪文に取りつかれていたかもしれませんが(笑)、朝食からしっかりプロテインを摂取できるのは日々の健康&美容にかなり役立っているのではないでしょうか?

青汁の野菜不足解消感♡

さきほど紹介した通り青汁には豊富な栄養素が配合されているので、野菜不足解消感もしっかりと得られます。

例えば昼・夜と外食が続き「今日は野菜があまり摂れなかったな……」と言う日でも、朝青汁を飲んだという事実が罪悪感を無くしてくれます!

もちろん罪悪感が無くなるだけではなく、体によい栄養素がたっぷり配合されています!

ヨーグルト味で飲みやすい

DSC_4546

最初は書かれている分量通り100ccの豆乳で割ってみました。

かなり濃厚です!

私は普段、どんな青汁を飲む場合でも200ccの豆乳で割って飲んでいるので、こちらも200ccの豆乳で割って飲むことにしました。

味はヨーグルト味と書かれていますが、酸味はほぼないのでヨーグルトが苦手な方でも安心です。

甘みのあるドリンクと言った感じで飲みやすい!

これなら小さなお子さんもおいしく飲めるのではないでしょうか?

しかも、最初に書いたことと重複しますが、甘みがあるので満腹感を感じやすいです。

腹持ちもいい感じ♡

それでいて1袋4gあたりのカロリーは12.2kcalと低カロリーかつ高栄養価なので、ダイエット中の間食にももってこいです!

ホットでもイケる!

DSC_4536

冬に朝から冷たいものを飲むのは罰ゲームですよね。

ということで、私はまず豆乳をレンジでチン

その後青汁×プロテインを加えてかき混ぜます。

ホットでもおいしくいただけます☆

美容と健康を手軽に実現したい方に最適♡

DSC_4548

↑私の毎日の朝ごはんです。(あ、この前に白湯を1杯いただきます)

約1カ月間、青汁×プロテインをいただきました。

毎日おいしく健康&美容維持ができているのが嬉しいです!

もしこれまで「プロテインが気になるけど、どれを選べばいいのかわからない」「プロテインと青汁両方買うのは高い!」「両方飲むとお腹が水分でタプタプになっちゃう」というお悩みを持っていた方には、もってこいの青汁です♡

ましてや、現在すでに青汁を飲む習慣がある方は、この青汁に変えるだけでプロテインなどの栄養素も一緒に摂れちゃうってわけです。

もしこれまで青汁の習慣が無かった方でも、朝食にプラスすることで習慣化しやすいですし、朝からしっかり栄養補給できるので超おすすめ

水分に溶くだけなので手間も時間もかかりませんしね♪

健康のため、美容のため、ダイエットのため(?)に何か始めたい!

という方は、株式会社日本薬健さんの「プロテイン×青汁」をはじめてみませんか?

日本薬健ファンサイト参加中

 - 美容・健康, -ダイエット, -ヘルス, -モニター