スポンサーリンク

市販の明るい白髪染めは絶対コレがおすすめ!ヘアカラーと白髪と私

美容・ダイエット

今日は、私が愛用している明るく染まる白髪染めを紹介します。数年前にネットで見つけて、「まさかコレが?」と恐る恐る使ってみると、なかなか良い染まり&明るさで一気に気に入りました。

途中ヘナに買えたこともありましがた、46歳の今もこの白髪染めの2色を交互に愛用しています。

白髪染めだけど髪を明るく染めたい方は、是非チェックしてみてください♪

 → 白髪染めよりヘナという方はこちら!

    ◇【画像あり】ナイアードヘナで白髪染め!やり方仕上がり紹介◇

スポンサーリンク

わたしと白髪…!

まずは簡単に私と白髪の関係を…え?いらない?ですよね、じゃぁ、軽く…

20代後半に指摘されて気づく!

shiraga_1

昔から美容は好きだけれど、見た目に全くかまわない性格でした。(只今直すように絶賛努力中!)

鏡でじっくり自分を見つめることもなかったし、ニキビも平気で潰すし紫外線にも無頓着。

27歳の誕生日にたまたま始めて行く美容室で指摘されたことが、私が白髪を意識し始めたきっかけでした。

その方は「ウチは最新の機械入れているから!」「この間、東京まで研修に行ってきて…ウチは勉強熱心なんで!」と、ノリノリの攻め攻めな美容師さんで(滋賀県内なら大抵の人が知っているお店…かも?複数店舗があるうちの1つの店の店長さん)で、とにかくウチに任せればOKだから!的な感じでした。

その日は、カットとカラー(おしゃれ染め)をお願いしていました。その美容師さん(男性)が、「白髪、気になると思うけど、ウチに任せれば大丈夫だから!」と…

私の心の中…「へ?白髪?」

美容師さん「イエロー系は入りにくいから、白髪にはやっぱりオレンジ系だね。とにかくウチに任せれば…(以下省略)」

そんなこんなで、「へぇ~。私って年齢の割には白髪が多いんだ」と自覚しました、ええ27歳のバースデーに。

そもそも外見にかまわないという性格の通り、その発言に傷つくこともなくそれからも「白髪多いんっすよ、あっし!」的なノリでした。

茶髪で乗り切る30代!

白髪が多いことを知って鏡をのぞいてみると、確かに!結構多いようです。

私が5歳くらいのこと…確か父の髪の白髪を抜く遊び(と父的には実用を兼ねている)にハマっていました。父は多分35歳くらいだったのかな?

因みに母は65歳を過ぎた今、ようやくちらほら白髪が出てきたかな~と言う程度。その血は姉が引き継いだようです。

さて。ヘアカラーですが、白髪が多いと知る前から私は茶髪が好きでした。美容室で染めるほどおしゃれっ子ではなかったので、もっぱら市販のヘアカラーを購入して自宅で染めていました。

黒髪に白髪だとコントラストで目立ちますが、茶髪に白髪だとあまり目立ちません。30代は好みの色と言うこともあり、明るめの茶髪で乗り切りました。(といっても金髪じゃなくて、明るめのブラウンだよ!)

40代…いよいよどうにもならなくなった!

人より多いとはいっても、まだ30代の内は茶髪に紛れていましたが、40代に突入すると白髪の存在感が増してきました。

全体的に目立つと言うわけではありませんが、もともとの毛染めがたたり、髪が伸びた部分の白髪の存在感がすごいのです。

想像してみてください。染めたてで髪全体が茶髪の時はOK。でも2週間もすれば髪が伸びてきます。私はショートカットなので、余計に伸びたところの黒が比重的に目立ちます。

「茶髪の付け根が黒」なら2ヶ月(2cm)くらいはまだイケるのですが、茶髪の付け根の黒に白がチラホラ!となると我慢ができません。見ていてとても「汚らしく見える」のです(涙)。

ショートカットという小さな範囲の中に、茶髪+黒髪+白髪の三色!三毛猫かっっ!!!(いえ、そんな可愛いものではありません。猫ちゃん大好き!)

さらに、市販のおしゃれ染めカラーリング剤ではいよいよ白髪の染まらなさが目立ってきてしまいました。

ということで市販のおしゃれ染めから、市販の白髪染めに変えたのです。

白髪染めでも黒は嫌!

shiraga_3

市販の白髪染めを使っている比較的お若い(←自分もちゃっかり入れてみた)方は、このような悩みを持っていませんか?

白髪染めだけど黒は嫌なの~!!!

わかります。アラフォーの私たち世代は、やっぱりブラウンにカラーリング世代なんですよ。

もう少し下の世代なら、暗髪(「くらがみ」って言うんですってよ!奥さん!)の良さを知っているかもしれません。

でも、私たちのようにとりあえず一度ブラウンにしたことがある世代の、特にパーソナルカラーが“スプリング”と“オータム”のイエローベースの人は、自分が茶髪の方が似合うことを知っているんです。(ちなみに私はオータムと見せかけてのスプリングです←?)

黒髪だともっさりするし、茶髪だと黒髪よりも垢抜けて見えるんです(あくまでも自分比)。

だから白髪染めだけど、とりあえず「明るく染まる」系の白髪染めを購入。有名な女優さんたちがCMをしているものを片っ端から使ってみても…

黒じゃん!

もしくは…

白髪染まってないじゃん!

白髪染めをした翌日、朝日が差し込む窓際で鏡を見た時のショック!昨日染めたところなのに、ちっとも染まっていない事実!

これは経験した人しかわからないですよね。でも、経験した人なら分かち合える気持ちです。

てめぇ~!昨日仕事終わって疲れてんのに染めたってぇのに、なんだいこのざまはっっ!

と怒りをぶつけたくなるのです。

そんなアタクシ。見つけてしまいました。明るく染まる市販の白髪染めを!!!!

明るく染まる市販の白髪染め決定版!

すみません。だんだん怪しい宣伝みたいになってきてしまいましたね汗。

たかが白髪染めくらいで、話を盛り過ぎているでしょうか?

本題に戻します。

結論から言うと、市販の白髪染めで明るく染める商品に出会いました!

それはコレです。

パオンクリームカラー3G【より明るい栗色】

パオン クリームカラー3G【より明るい栗色】

いやん!懐かしいっ!ノスタルジック!

40代でもまだまだ若いつもりでいます。自分のことをおばちゃんだなんて、いとこの子供に向かってしか言わないわよっ!

そんな私は、昔からあるこのパオンクリームカラーを、すっかり圏外に追いやっていたのです!

でもね、一度使って仕上がりに満足すると、このダサいパッケージに安心感を覚え信頼できるから不思議。

今まで白髪染めジプシーを繰り返していた私が、唯一満足できた明るく染まる市販の白髪染めがこれだったんです!

実はこれを知ったのは、誰もが知る有名コスメ口コミサイトがきっかけでした。

そこで、パオンの母体となる「シュワルツコフ」という会社が、白髪染めで実績を持つ会社だと言うことも知りました。

 → シュワルツコフヘンケル 公式サイト

因みに、パオンクリームカラー以外にもいくつかの白髪染めを販売していますが、私的には効果を実感できないものもありました。

全部試したわけではありませんが、やはり私にとってナンバーワンの明るく染まる市販の白髪染めはパオンクリームカラー一択です。

市販の明るい白髪染め:パオンクリームカラーのメリット

4d24f1783a50f37a612af33873b3365f_s

では、メリット&デメリットのまずはメリットから紹介しておきましょう!

まずは何と言っても「仕上がりに満足できる」ことです。

私の中での仕上がりの満足度は「白髪にも色が入ること」「白髪じゃない髪も明るくなること」です。

パオンクリームカラーはその点で大満足でした。欲を言えばきりがありませんが、それまで使ったどの白髪染めよりも私を満足させてくれました。

もう1点のメリットは、とにかくお安いということです。

上のリンクをご覧いただいても分かるように、安ければ300円代で手に入ります。

個人差がありますが、早い方だと白髪染めは2週間に1度という方も多くいらっしゃいます。低価格であればあるほど、経済的にも嬉しいですよね。

また、私は1ヶ月半に1度「全染め」しかしていませんでしたが、リタッチで使用する場合残りを保管することができるようです。

パオンクリームカラーのデメリット

be13f4531742ee25d72a991f90bb6149_s

ではお次、デメリットをチェックしておきましょう。

私がこの白髪染めの存在を知って最初に躓いたのが、「どこにも売っていない」と言うことでした。

いえ、もちろん販売されてる店はあるんですよ。でも、「より明るい栗色」の3Gが売っていないのです!

因みにパオンクリームカラーは3Gがもっとも明るく、最も黒い8Gまで9種類販売されています。余談ですが、8Gはコスプレ好きな女子で漆黒の髪にしたい人にも好評な模様。

確かに…このパッケージを見て使ってみようと言う年代の方は、明るい栗色になど興味がないはずですよね。

もっと若くして白髪染めを使う方なら、その他にもたくさんお洒落なパッケージの白髪染めもありますし、同じくシュワルツコフさんでもお洒落なパッケージの白髪染めは発売されています。

だから、お店で見つけても3Gを取り扱っていないことが多いのです。通販の利用だと、品物より送料の方が多くかかるし、自分に合うことがわかればまとめ買いしてもいいけれど、始めは単品で購入したいですよね。

後に気づいたのですが、お近くにジョーシンがある方は、その中にあるマザーピアというドラッグストアでは3Gが常に置いてある店舗もあるので、興味がある方は一度問い合わせてみてください!

もう1つのデメリットは、内容量が少ないことです。というか、お値段も破格なので、もともとリタッチ用として小分け販売されていると思えばいいんですけどね。

ただ私は髪が多めなので、ショートボブなら2箱は絶対に使います。リタッチなら1ヶ月に1度、1箱を使う感じです。

市販の明るい白髪染めの実力を見よ!(笑)

パオンクリームカラーの3Gで染めた黒髪が、どの程度明るくなるか写真をお見せいたしましょう。髪が伸びていて「三毛猫状態」になった根本は画像処理でカットしています。

あら?なんだか画像がびっくりするくらい小さい…なぜ?と、と、とにかく色をご覧ください(汗)。

paon

どうですか?結構明るい色だと思いません?

因みに私の白髪も、全体的に真っ白ということはありませんので、黒髪(正確には真っ黒じゃないけど…)部分がこれくらい明るく染まっているということです。

もうちょっと深みのあるブラウンが良いと言う方は、4G5Gあたりを試してみてもいいかもしれませんね。

(この記事を書いてからさらに数年。年齢に合わせてもう少し落ち着いた色でもいいかなと思い、今は3G→3G→4G→3Gや、3G→4G→3Gなど月によって使い分けて色を調節しています。)

感謝してもしきれない白髪染め

と言うことで、感謝しても感謝しきれない白髪染めです。

ちなみに、一度ヘナに買えたことがあるのですが、髪が黒くなるとものすごーーーーく老けて見られるようになりました。

詳細は下記リンク先に記載していますが、バスガイドさんに「あら、姉妹かとおもいましたぁ♡」って言われました。え?誰とかって?母とです!!!!!(母を褒めたつもりかもしれませんが、私としてはショックでしたよ、ええ、ええ。)

白髪染めだけど黒は嫌!明るい色に染めたいと言う方は、是非一度試してみてくださいね!

より明るい栗色の3G

自然な栗色の4G

タイトルとURLをコピーしました