好きなことだけして生きていく!滋賀おひとりさまが行く!

滋賀おひとりさまのnaoが食やお出かけ、引き寄せの法則など興味のあることを書き綴ります

北海道旅行に行ってきました!3泊4日~2017.07~

   

DSC_2889

少し前のことになりますが……(気付けばもう2カ月前)

念願の北海道旅行に行ってきました!

 

実はこれは長年「やりたいことリスト」に書いていたもの。

長年書いたにも関わらずなかなか叶わず、一度手放したリストでもあります。

ひょんなことから一番行きたかった「ファーム富田」のベストシーズンでありながらも、とってもリーズナブルなツアーがみつかり行けることになりました♪

願いって手放しても叶うんですね。

ということで、北海道ツアーで巡った主な観光地を記録しておきたいと思います。

 → 北海道でたべたものたちは近日公開予定☆

 

スポンサードリンク

3泊4日ファーム富田ベストシーズン北海道!6万円なり♪

DSC_2824

一番行きたかったファーム富田。

ラベンダーなので7月がベストシーズンなのですが、この時期の北海道はとにかく高い

探しても10万円超えのツアーが多く、来年でいいか……と先延ばしすること数年。

ところが6万円という激安(?)ツアーに巡り合うことができました。

お安かったこともあり、しっかり観光できたのは4日間の内中2日だけだったのですが、子どものころに一度来ただけの北海道。

初心者にとっては、ある程度の行ってみたかった所を回れたので良かったです♪

因みに旅行会社は阪急交通社です。

1日目~関西から北海道へ~

DSC_2792

1日目はズバリ移動!

 

関空・もしくは伊丹空港(好きな方を選べる)から北海道は新千歳空港へ飛び、その日は登別にあるホテルへ移動&ホテルにて夕食というのがこの日の予定です。

バスに用意してくださった地図を見ると、中央やや左下にCTS(新千歳空港)と書かれており、そのまた左下に登別とあります。

1日目の移動はこんな感じでした。

夜と翌日の早朝にはオプショナルツアーがあったのですが、私たちは夜に自由散策を楽しみましたよ♪

2日目~観光&温根湯温泉へ~

DSC_2792

2日目はホテルを出て、バスで観光地を巡りながらこの日の宿泊地である「温根湯温泉(おんねゆおんせん)」に向かいます。

地図で言うと赤いラインをたどるわけですね。

北海道は本当に広く、走っても走ってもなかなか目的地に着きません。

ただし車窓からの景色が雄大で美しく、どれだけ見ても飽きません

登別 地獄谷

DSC_2788

まずは、ホテルからバスで数分の場所にある「登別 地獄谷」を散策。

実はホテルから歩いてくることもできるので、私たちは前夜、夕食後の腹ごなしにここまで来ていました( ̄ー ̄)ニヤリ

天気はあいにくの雨。

しかも観光は20分間なので、前夜にゆっくり見ていて良かったね~。といいつつの駆け足観光です。

富良野 ファーム富田

DSC_2826

ラベンダーの聖地……だと私は思っているのですが、富良野にあるファーム富田さん。

実は富良野は香料用のラベンダー栽培が盛んだったのですが、時代の流れとともにその数は減り、そんな中でもラベンダー畑を守り続けたのがファーム富田さんです。

時期的にも満開で、バスを降りるとラベンダーの香りが広がっていて……最高♡

雨も止んでいます!

こちらでは120分の時間をとってくれていたのですが、私的には超駆け足

DSC_2824

文字通り走り回って園内を散策しました。

かろうじて、ファーム富田のラベンダー精油「おかむらさき」を購入し、「ラベンダーソフト」だけは食べましたが、今度はもっとゆっくり来たいなぁ。

そして今回はお邪魔できなかったのですが、道路を隔てた向かい側に「とみたメロンハウス」(同じ「とみた」ですが、ファーム富田とは関係がないようです)があるので、次回はそちらにも伺いたい!!!

美瑛 四季彩の丘

DSC_2841

ファーム富田の観光が終わり、私の北海道旅行は終わってしまいました……

というのはオーバーですが、早くも私のメインイベントが終わってしまいました笑。

でも、途中レストハウスでのランチタイムを挟み、その次に向かった「美瑛 四季彩の丘」がこれまた雄大で美しくて!

ラベンダーに特に興味や思い入れが無い方にとっては、四季彩の丘の方がいろんなお花色使いが楽しめたのではないでしょうか?

DSC_2842

色とりどりのキレイなお花。

園内を走るトラックのようなバスに乗ることもできます。

こちらでの滞在時間は40程。

こちらも駆け足で巡りました!

北のもりガーデン

DSC_2849

美瑛 四季彩の丘で本日の観光は終了なのですが、この日の宿泊地である温根湯温泉に向かう途中に「北のもりガーデン」でトイレ休憩&お土産物購入タイムがありました。

オプションでクマ牧場?を観に行けたようなのですが、ガイドさんいわく時間も短いのであわただしくなるとのこと。

同じバスの中で行った方はいらっしゃるのかしら?

私たちはお手洗いとお土産物の品定めだけして何も買わずにバスに戻りました。

走行距離 約377km!

日程表に記載されていた、この日の走行距離は約377kmだそう!

滋賀県からなら東京の近くまで(出発点によっては東京まで?)行けちゃう距離ではないでしょうか?

本当に広くて雄大な北海道です。

3日目~観光&ニセコ東山温泉へ~

DSC_2792

3日目は温根湯温泉を出発して、観光をしながらニセコに向かいます。

バスの地図で言うと、ブルーのラインをたどります。

むむ?初日の登別方面にまた戻るという旅程になっていますね。

銀河流星の滝

DSC_2868

ホテルを出発して小一時間ほど走ったところにある「銀河流星の滝」

こちらではバス下車しての観光です。

と言っても時間は約20分ほど。

空気が気持ちいい!

層雲峡は車中からの眺め

DSC_2878

バスの中の地図を見ても分かるとおり、前日温根湯温泉にきたルートを戻るので同じ道を通ります。

その道は石北街道(だっけ?)といい、層雲峡を眺めながらのルートになるのでバスの中からの観光となります。

ガイドさんが詳しく説明してくれるので、車窓からでも充分観光した気分になれましたし、添乗員さんが毎日バスの座席を変えてくださるのですが、行きと帰りで違う方向が見えるようにしてくださっていたので左右両方を堪能することができました。

小樽市内

DSC_2889

途中、砂川ハイウエイオアシスでトイレ休憩&お土産物タイムがあり、たどり着いたのは小樽です。

実はこちらも来てみたかったところ。

小樽運河北一硝子が有名ですよね♪

ちょうど昼時の散策だったので120分ありましたが、私たちは砂川ハイウエイオアシスで購入しバスで食べたシュークリームのボリュームがすごすぎて笑、お昼を食べることなく散策してました。

DSC_2893

オルゴール館を見たり、硝子を見たり、北海道の有名どころのお菓子&お土産を求めたりとそれなりに楽しんだのですが、なんだか観光ナイズされているというか、お店ばかりで「観光は?」という感じでした。

「行けば何かある」というイメージだったので、特に調べて行かなかったのが敗因(?)なのかもしれません。

観光というよりも、ただお菓子をたくさん買った場所というイメージです(;´∀`)

これはもったいないことをしたのかも。

その後は、本日の宿泊地であるニセコ東山温泉へ向かいました。

走行距離 約376km

この日もバスは走りに走りました!

走行距離は昨日とほぼ同じの376kmです。

来た方向へもどったのだから、そりゃそーか。

4日目最終日~観光&帰途へ~

DSC_2792

最終日はニセコ東山温泉から、地図の中ほどに記載されている新千歳空港へ向かいます。

その途中も雄大な景色を眺めつつ、ガイドさんの案内を聴きつつで最後まで北海道を満喫しました!

支笏湖

DSC_2922

最終日はお天気がややあやしかったものの、なんとか持ちこたえました!

結局観光地で雨が降っていたのは、初日の登別 地獄谷だけ!

ツアー参加者の日ごろの行いが良かったのでしょう(と、ガイドさんや添乗員さんに褒められた)。

「支笏湖」は本来なら車窓からの観光予定だったのですが、添乗員さんが下車観光に切り替えてくださいました。

こういうサプライズはうれしいですね!

DSC_2925

ガイドさんが支笏湖にきたならぜひ見てほしいといっしゃっていた「山線鉄橋」

DSC_2921

緑の中に赤が目立つ!

DSC_2929

下に流れる水もとても美しく、下車観光できてよかったです!

この後、バスの前で添乗員さんやガイドさん、運転手さんとも記念撮影していただき、旅のいい思い出がまた一つ増えました♪

この後、名残惜しさを残しながらも、バスは新千歳空港へ向かいました。

新千歳空港

新千歳空港でバスを降り、荷物を受け取ったらここでガイドさん、運転手さんとはお別れです。

ツアーに参加すること自体が久しぶりだったので、ガイドさんや運転手さんと4日間も同行するのは何十年ぶりかしら?!

お別れが少し切なくもありますね。

新千歳空港では、添乗員さんから帰りの飛行機のチケットを受け取った人から流れ解散です。

でも、旅はまだ終わりではありません……( ̄ー ̄)ニヤリ

添乗員さんも「飛行機の乗り遅れには絶対に気を付けてくださいね!」と念を押すほど、お店やお土産物が充実している新千歳空港。

私たちはこの4日間、いたるところで北海道のお土産を見てきましたが、小樽での有名菓子店以外では見るだけでほとんど購入していませんでした。

ここで一気に購入しようという魂胆です。

ホントは小さなお店(?)で購入したほうが地域活性化につながるのかもしれませんが、荷物の関係や、迷っているうちに土地が変わりそのお土産を扱っているお店がなくなったりなど、なかなか買うに至りませんでした。

ここでも、ファーム富田ばりに駆けずり回り、ほしかったもの、気になっていたものをすべてチェック!

帰りの飛行機で食べるちょっとした食品まで買い込んで、北海道を後にしました。。。。。

さよ~なら~ほっかいどぉぉぉぉぉぉ!

また会う日までぇぇぇぇぇぇ!

北海道ツアーに参加した感想&まとめ

DSC_2792

今回久しぶりにツアーに参加したので、感じたことを残しておこうと思います。

普段ツアーにあまり参加しない人にとっては、参考になるかもしれません。

まず、一番最初に感じたのが「時間配分」について。

気ままな個人旅行とはことなり、ツアーの場合は時間配分が自由にできません。

ここではもっと見たかった、ここはもっと短くても良かったかもということがコントロールできないのが少し残念です。

旅行会社さんはお土産物屋さんと提携しているでしょうし、それはしょうがないんですけどね。

そして、観光地でお手洗いに追われること、追われること!笑

私が参加したツアーだけでもバスが4台。

もちろん他のツアー会社のバスもたくさんあります。

当然ながら私たちは観光地を巡っているので、トイレ争奪戦が始まります。

散策時間が20分の場所なんて、10~15分はトイレの行列のために使っていたんじゃないかな?

これが意外とストレスでした。

私たちのバスはガイドさん、添乗員さんに褒められるほどみんな時間厳守

そのため、20分ほどの散策時間の観光地でも集合時間の2~3分前には全員集合していて、早めにバスが出られる状態。

これは素晴らしいことで、良い方たちと同じバスになれたなとうれしいことでもあったのですが、私たちを含めみんな観光よりトイレを優先していたということにもなるんですよね(;’∀’)

もちろんトイレの行列が長すぎる場合は、「時間は気にしないでくださいね~」とおっしゃってくれるのですが、それでもみんな何とか時間までにはバスに戻っていました。

時間配分が自分でコントルールできないことと、観光<トイレになってしまったこと。

この2点がちょっと残念に感じましたが、それ以外はツアーも楽しいなぁと思いました。

先ほども言いましたが、多分同じバスの方にも恵まれていたからでしょう。

人から聞く話では、メンバーによってはかなり振り回されることもあるようなので、今回はその点では大満足でした。

また、バスに座っているだけ観光名所北海道の話が聞けたのも良かったですし楽チンでした!

そして最大の魅力はやはり個人旅行より格安だということでしょうか。

私の性格上自分で予定を組みたいので、価格が同じなら個人旅行を選びます。

ただ、北海道で3泊4日、朝3夜3の食事がついてのこのお値段はとても魅力的です。

北海道などの遠方なら、またツアー参加もアリかなぁ。

ただ、お知り合いの方でよく北海道旅行をされる方がいらっしゃるのですが、その方に聞いた話では、往復の飛行機&ホテルだけとってもらえて後は自由行動というツアーもあるらしい。

次に参加するのなら、このツアーに行ってみたいです!(トイレの行列に焦ることもないしね!)

何はともあれ、人に恵まれ、大地に恵まれ、時期に恵まれた数十年ぶりの北海道。

とても楽しかったです♡

近日中に食べたもの&お土産(え?もちろん自分用ですが?)もアップしますね。

こちらもどうぞ♡

◇カルビーポテトチップス【北海道バターしょうゆ味】食べました♪◇

◇ぶらり東京一人歩き♪東京大神宮~六本木ヒルズ~赤坂迎賓館~新大久保◇

◇ぶらり街歩き!おひとりさまが行く!懐かしの千葉県浦安市探訪◇

 - 北海道お出かけ, 引き寄せ, -やりたいことリスト, -見る