好きなことだけして生きていく!滋賀おひとりさまが行く!

滋賀おひとりさまのnaoが食やお出かけ、引き寄せの法則など興味のあることを書き綴ります

トミーズのあん食を北野エースONEで購入~大阪ららぽーとエキスポシティ~

   

DSC_0182

以前テレビで見てから、一度は食べてみたいと思っていた食パンがあります。

それが、兵庫県は神戸のパンメーカー「トミーズ」がつくる【あん食】

あん食=あん入りの食パン だと思っています。多分合っているでしょう。

今回、思いがけず大阪ららぽーとエキスポシティの中にある、北野エースONEで見つけたので喜び勇んで購入してまいりました!

 

スポンサードリンク

トミーズのあん食は北野エースで売っている

CENTER_0001_BURST20200109200124617_COVER

エキスポシティ内をぶらぶらしていると、北野エースONEがありました。

滋賀県民の私にはあまり親しみのないお店ですが、「成城石井的な?」と思い入店。

いえ、入店しようと思ったら、入り口にデデンと置かれていたのがトミーズのあん食です。

キタ――(゚∀゚)――!!(ちょっと古い?)

以前テレビで紹介されているのを見てから、神戸に行ったら購入しようと思っていたパンです。

何度か見たことがあって、その内の1回は吉本芸人さんもお気に入りとして紹介されていました。

神戸にいかずとも、大阪のエキスポシティで購入することができました。

北野エースはちょっとお高め

今、本当に今、トミーズの情報を得ようと思って公式サイトを見て知ったのですが、あん食の価格は700円のようです。

公式サイトでも、楽天市場で販売しているお店でも700円で売られていました。

私が購入したのは、本体価格が750円の上に税までついて810円

ちょっと割高だったようです。

ただ、あん食のために交通費や送料がかかったわけでもなく、通りすがりで購入できたので良しとしましょう(ちょっと残念だけど)。

トミーズのあん食を食べてみた!

CENTER_0001_BURST20200109200124617_COVER

なんだか、昭和レトロなイメージがあるパッケージ。

リアル昭和世代としては、懐かしい雰囲気です。

ずっしりとした重みに期待が高まる

あん食を手にしたときに驚いたのがその重み。

ずっしりとした重量級です。

店頭のポップには800gと記載されていました。

それでも、いくつか手に取ってできるだけ重たいものを選びたいという庶民派の私(袋の上部を軽くつまんで少し持ち上げただけで、パンを触りまくったりはしておりませんのでご安心を!)。

なんとなくコレという商品を選んでレジに向かいました。

この重みが「あん」だとしたら、これは期待大ですわよ!!!

原材料はシンプル

SYMMETRY_0001_BURST20200109200148865_COVER

昔ながら、のイメージがあるあん食だけあって、原材料はなんだかシンプル

原材料名は内容量の多い順に記載されるものだそうで、先頭に「つぶあん」がきているところに期待が高まります。

続いて小麦粉、砂糖、乳などを主要原料とする食品、植物油脂、イースト、塩、乳化剤、セルロール、ホエイソルト、香料(原材料の一部に大豆を含む)と続きます。

因みにトミーズさんは、神戸のメーカー

DSC_0181

神戸市東灘区が製造者の住所となっていました。

あん食にいざ入刀!

つぶあんがずっしり入っているであろう重みに期待を膨らませて、いざ入刀!

えいっ!

HORIZON_0001_BURST20200109202943873_COVER

お?おや?

ファーストインプレッションとしては、「あんの量は重み程ではないかも」と感じました。

ただ、カットする場所によってつぶあんの量は異なるようで、↓のようにあんがモリモリ入っている部分もありました。

HORIZON_0001_BURST20200109203042855_COVER

おおぅ!つぶあんの重みで、パンに空洞ができている。

こちらを大体3等分に分けて、家族それぞれが好きなタイミングで食べることとなりました。

私は提供者なので、大きめで真ん中をもらうことができました(笑)。

あん食のバタートースト最高♡

DSC_0182

あんバターを考えた人は天才。常々そう思っています。

ということで、あんがたっぷりの場所をトースターで軽く焼き、たっぷりのバターを塗っていただきます。

私はトーストがへたくそなので、しなっっとなりやすいのですが、あん食はさくっと焼き上げることができました。

熱いうちに……と時間勝負で、バターを塗るのももどかしく口へ運びます。

パクッ!サクッ!ジュワー(バターです)。

おいしい。普通においしいです。やっぱりあんとバターの組み合わせは正義でした。

入っているつぶあんは、私としては少し甘味が強いかなと思いました。

ただ私はかなりの「薄味派」なので、普通のおはぎなどが美味しく感じられる方にとってはちょうどだと思います。

「甘い。でもウマイ。」と、夕食後なのにぺろりと1枚平らげました。

仕事のモチベーションが上がる食パン

さて、このあん食。

私に割り振られた分は全部で4枚にスライスして、1日1枚4日かけて食べ終えました。

実は私が購入した商品の賞味期限購入日を含めて3日でしたので、最終日は賞味期限+1日でしたがなんの問題もなくおいしくいただきましたが何か?(いえ、何も)

仕事が終わったらコーヒーを淹れて、あん食のバタートーストを食べよう!

そう思うだけで仕事が頑張れました。

仕事のモチベーションも上がる食パンです。

今日で食べ終わって悲しいのですが、4日間素敵な夢を見せていただきました。

トミーズのあん食を食べられて満足!

CENTER_0001_BURST20200109200124617_COVER

以前はちょこちょこ神戸に出掛けていたのですが、あん食をテレビで見てからはとんとご無沙汰でした。

今もまだ神戸に行く予定はないので、思いがけず通りすがりに購入できてうれしかったです。

そして、食べてみたいと思っていたものが食べられるという幸運にありつけました。

私の総合的な感想としては、以下の通りです。

1.5斤を購入するとなるとちょっと高級に感じるけど、量は多めなので満足感がある。

つぶあんが、もう少し甘さ控えめだともっとうれしい。

スライスする位置によって、つぶあんの量が結構異なるのがちょっと残念。

加えて言えば、外側だけではなくパンの中央にもあんがあればもっといい。

という感じです。

とてもおいしくいただきましたし、仕事を終わらせる励みにもなったし好きなパンです。

ただ、一度食べられて満足したことと、今年は「初めてのものにチャレンジする」がキーワードなので、「もらったらめちゃくちゃうれしいけど、リピートはしないかな」という位置づけですかね。

あん+トーストが大好きな方は、是非一度お試しください♪

あん食パン トミーズ あん食 美味しい食パン#1 食パン あんパン 菓子パン

 - 全国食べ歩き, -兵庫食べ歩き, -大阪食べ歩き