好きなことだけして生きていく!滋賀おひとりさまが行く!

滋賀おひとりさまのnaoが食やお出かけ、引き寄せの法則など興味のあることを書き綴ります

毛玉ブラシは平野がおすすめ!楽天で購入可能【使用後画像あり】

   

DSC_1293

みなさんは、洋服ブラシを使ってますか?

実はわたくし、恥ずかしながら「洋服ブラシ」というものに注目したことがありませんでした。

それどころか、存在すらイマイチ知らなかったかもしれません。

そんな私ですが今や、洋服ブラシは「買って良かったファッションアイテム」の一つ

カシミヤセーターの毛玉に悩むなら、買って損はありません!

 

スポンサードリンク

セーターやストールの毛玉に悩んでませんか?

ファッション、洋服に無頓着な私ですが、昨年初めてカシミヤのセーターを手にいれました。

ブランド(←)は、みなさんご存知ユニクロです。

10,000円を切る低価格でありながら、着用したときのやわらかい肌触りに着心地、そして何より薄いのに温かい!という事実に気付き病みつきに…♡

ほとんど外出しない私の唯一のお出かけ着でした。

 

毛玉が…気になり始めた…

冬の間、お芝居を観に行ったり、お食事に行くときには必ず着用していたカシミヤ。

といっても月にせいぜい2~3度なので、1枚しか持っていませんでした。

でも、だんだん気になってきたのです。そう、アイツの存在が…。

アイツとは…毛玉!

過去何度も悩まされた毛玉。カシミヤも例外ではありません。

やっぱり、使い捨てなのか?毛玉さえできなければ、もっと長く愛用できるのに…。

こいつの運命もこれまでなのか?後は家着になるだけなのか!!!!

 

ググってみました

おしゃれに無頓着なま40歳を過ぎてしまった私。

久しぶりに毛玉の取り方をググってみました。

ちなみに数年前にも、お気に入りのストールの毛玉が気になってググっていました。

その時分かった対策法は…

ハサミで切る

大判のストールというあまりにも面積の大きいものには、焼け石に水状態で現実的ではなかった…。

毛玉取り器

生地が引っ張られて傷みそうだし、実際傷みやすいらしい(←らしいって…)

スポンジ

これは目から鱗。食器用スポンジなどのゴワゴワの部分を生地に当てて軽くなでると毛玉が取れるらしいです↓。

 

セルフネイルに使おうと思っていたスポンジがあったので、早速やってみました。

結果…撃沈…。

私の使ったスポンジが、上のものではなく100均だったからなのか、そもそもスポンジでは取れないのかはわかりません。

成功する人もいるみたいですが、私はぜーーーーんぜん取れませんでした。

これなら、ハサミで毛玉を一つずつ切った方が早いしストレスもないかも…。

解決法…ナシ!

そんなこんなで決定的な解決法を見つけられず、そのままストールを使うことに←女子力のヤバさを物語っていますね…チーン

それから、数年。

カシミヤのセーターを手にいれた私は、毛玉からセーターを守る方法を再びグーグル先生に託しました!

 

ひらのブラシ…超優秀♡

年齢と共に、「安くてその場しのぎの物」より、「いいものを長く使いたい」と考えるようになりました。

だからでしょうか、数年前に検索したストールの毛玉対策の時にも検索結果に表示されていたであろうはずの「洋服ブラシ」の存在に、今さらやっと気がつきました。

その中でも私の興味を引いた(ってか、口コミが良かった)ブラシがブラシの平野

 → ブラシの平野

興味をもっていたところ、ちょうど高島屋京都店さんに期間限定出店されていたのでひとつ求めてみました。

一番人気はこちら↓

 

私もこれを購入するつもりでしたが、木の色が薄い方が良かったので、こちらを購入しました☆

DSC_1293うん。セーターより高級なブラシ☆初めて手にした!←42歳です…。

 

ブラシの平野の実力を見よ!

ここからは、私がとやかく言うよりも、実力を画像でお伝えしようではありませんか。

といっても、スマホで素人が撮った写真なのでこの感動が伝わるかどうか…。伝われ!

 

まず、一冬着用して自宅で洗濯(一応ドライ洗い)したカシミヤ。

DSC_1298

分かりにくいかもしれませんが…袖の部分をアップしてみましょう。

DSC_1299

…………。

これを着てたのかと思うと軽く凹む…42歳…いや、このときはまだ41歳か?

DSC_1297

袖はもちろん裾の部分も結構な毛玉です。

私は右利きなので、やっぱり右の袖と右の裾部分が酷いですね。

 

では、張り切ってブラシをあててみましょう。

ブラシの当て方の詳細はブラシの平野にも記載されていますが…

まずは下から上に逆毛を立てるようにササッと軽く。これで汚れや埃を落とします。

次に毛流れに沿って、上から下に向かって手首のグリップを使いながらカーブを描くようにブラッシング。

私は催事で購入したので直接使い方を聞いたのですが、カシミヤのセーターはもちろん、コート、Tシャツ、デニム(!)となんにでも使えるそうです。

しかも「40年は持つ!」、「使っても使わなくても同じだから、タンスに仕舞わずに夏でも年中使った方がいい(お得)」のだそう。これなら一生ものと言えますね。

 

仕上がりは…

DSC_1298

これが…↓

DSC_1302

超絶わかりにくいですが、全体的にピシっとしました。

 

気になる袖の部分は…

DSC_1299

これが↓

DSC_1301

おおっっ!見違えるほどです!

 

DSC_1297

全体的に毛玉がついてモロモロしていますね…。これが…↓

DSC_1303

キラーーーーン☆☆☆

平野、やるわね!

 

写真でみると「まだまだモロモロしてるじゃない!」という具合に見えるかもしれませんが、実際に目の当たりにするとその違いは歴然です!

うれしくなって、他のセーターやカーディガンにも使ってみました。

セールで1,500円で買ったセーターなんて、見違えるかのような新品っぷり♡

 

ただ、このカシミヤにも言えるし1,500円のカーディガンにも言えることですが、

「もっと早くブラシをかけていれば…」

という気持ちでいっぱいです。

DSC_1299

こんな風になる前にブラシを当てていれば、ここまでひどくならなかったしもっと美しさをキープできていたはず…。

一旦ここまでできた毛玉を↓

DSC_1301

にできたら充分なのですが…。。。。

 

どれだけ取れたかって言うと…

このセーターだけではないのですが、いくつかの洋服やストールにブラシを当てた結果…。

DSC_1644

これだけの毛玉×3出てきました!

写真に撮る前にこれの倍は捨てました笑。

 

そう。洋服ブラシについても今回初めてチェックしたくらいなので知らなかったのですが、ブラシ自体にもお手入れが必要

と言っても難しいものではありません。

トリマーさんが使うようなペット用のブラシを使います。

DSC_1642

トリマーブラシを洋服ブラシの根元に差し込んで、グイッと持ち上げると埃がドドっと浮き上がります。

ちなみにトリマーブラシの目が粗いと、洋服ブラシのお掃除には使えないので注意!

写真をもう一度ご覧ください。

DSC_1644

この銀色のブラシの細い方を使えばOKです。

ちなみに目が粗い方でもやってみましたが、ほこりは全然取れませんでした。

ペットショップやホームセンターを覗いてみたら、目の細かいものは結構高くて2,000円くらいしちゃうんので、私はこちらで約半額でゲットしました!

↑アマゾンならこちら。参考価格は2,030円だそうです。

 

↑楽天でもありました!

大満足の毛玉対策洋服ブラシ

ということで、2016年(昨年の年末にゲット)買って良かったもののかなり上位に入ります。

お値は少々張りますが、一生使えると思えば問題なし!

しかも、ブラシを洋服にあてているときに

「私ってば素敵な女性っぽくない?」

という気分に浸れるというメリットもあります←

 

毛玉さえできなければ、もっとカシミヤを楽しめるのに…。

私とおなじようなこんな悩みをお持ちなら、平野のブラシおすすめです☆

 

関連記事

◇足が痛くならないハイヒール!オールデーウォークを買いました♪◇

◇資生堂ザ・ギンザのメイクレッスン体験!【画像あり】リストNo.9◇

「書くだけで30Kgやせました」を読んで一週間で1kg痩せた☆

 - ファッション, -便利グッズ