好きなことだけして生きていく!滋賀おひとりさまが行く!

滋賀おひとりさまのnaoが食やお出かけ、引き寄せの法則など興味のあることを書き綴ります

【実験結果】こうして、思考は現実になる【実験1】

      2016/02/18

DSC_3832

引き寄せの法則に関する本は数あれど、それは

『引き寄せの法則とはなんとやら?』

という事を教えてくれる本で、実際に【体験】できるものはありませんでした。

 

このパム・グラウト氏の【こうして、思考は現実になる】は、引き寄せの法則を説明してくれた上、自分でも引き寄せ体験ができるように、1~9の実験が提示されています。

 

昨年も一度やったことがあり、とても面白い結果が出たのですが、今年になって、仕事が変わったことにより、生活環境も大きく変わったので改めて読み返してみたくなりました。

 

いつか読み返す自分のために、パム・グラウト氏の著書【こうして、思考は現実になる】の実験結果を書き記しておこうと思います。

 

スポンサードリンク

 

こうして、思考は現実になる 【実験1 宇宙のエネルギーの法則】実験結果

DSC_3832

因みに、著作権の関係もありますし、何より絶対に本を読んでから実践された方が内容を理解でき、いい結果が出ると思うので実験方法は省略いたします。

 

購入されてもいいですし、人に借りてもいいでしょう。

私は図書館で借りました。しかも2度目。興味がある方は工夫して読んでみてください。

 

 

【実験1】宇宙のエネルギーの法則

ざっくり言うと…

「48時間以内に、FPの存在の証拠を確認すべく、予想外の贈り物を受け取る」

(この贈り物とは“物質”に限りません)

 

【実験1:結果】

48時間以内に、FPからの贈り物を受け取ることができました。

 

私の受け取った贈り物は、まったく予定が立てられない旅行行程であったのにも関わらず、適当に立てた予定通りにすべてがうまくいった。というものです。

 

実は私は、道の駅のスタンプラリーを集めているのですが、その中の難関が【和歌山県】でした。

 

道の駅のスタンプラリーは、場所によっては24時間スタンプを押すことができるのですが、基本的には営業時間内に押さなくてはいけません。

さらに定休日も設定されています。

自宅から和歌山は、そうしょっちゅう行ける距離でもないため、効率よく回りたいと思っていました。

 

ただ、和歌山県の道の駅は、“国道”ならぬ“酷道”と表現されるような、険しい道の先にあったり、広範囲に広がっていたりと一筋縄ではいきそうにもありません。

作戦としては、2度に分けて、1度目は宿泊を兼ね1泊2日で、2度目は日帰りで行こうと考えていました。

 

ただ、1日でどのぐらい巡ることができるのか、宿泊地はどのあたりがいいのか、まったく見当もつきませんでした。

そんなこんなで、後回しになっていた和歌山の道の駅なのですが、数か月前に、チケット共同購入のポンパレで和歌山のホテルチケットを見つけ、大変お買得にゲットしました。

宿泊地が、道の駅巡りのちょうどいい場所かどうかなんてわからなかったのですが、とりあえず購入。寒くなる前に行きたいね、と言っていました。

 

寒くなる前に…なんて言っていましたが、仕事を変えたり、一緒に行く母も忙しかったりで、そうこうしているうちに12月。

チケットの期限も迫ってきたので、いよいよ和歌山へ行くことに。

 

ちょうど、そのころ図書館で予約していたこの本が届いたのです。

早速実験1を開始しようと思ったのが、旅行の直前。48時間以内というのは、旅行1日目の深夜というか2日目の早朝というかその頃でした。

 

とりあえず、この道順で行こう!とざっくりと予定を立て、ヘタすると、1日目の最後の道の駅から、ホテルまでものすごく遠いかもしれないけれど、もう、考えてもしょうがない!という心もとない予定でスタート。

 

するとどういう事でしょうか!!

1日目、予定した順番で道の駅をサクサク回っていくと、ホテルの近くの道の駅で、1日目は終了の時間となり、さらにホテルに伝えていたチェックインの時間のちょうど15分前に駐車場に到着することができたのです。

これには本当にびっくり(゚Д゚;)!

 

多分道の駅のスタンプラリーをしている人なら、この和歌山の大変な感じをわかっていただけると思いますが、直前にネット上で道路の情報を得られたり、様々なことが重なって、無事1日目の予定が終了しました。

 

夕食の時間帯は3つに分かれていましたが、初回をゲットすることもでき、そのため、食後の温泉も空いている時間に入ることができました。

しかも、温泉から部屋に戻ると、ちょうどフィギュアスケートのGPファイナルの女子の日本人選手の見どころではありませんか!

もちろんその後の、男子も見ることができ、羽生結弦選手の過去最高得点での優勝のシーンも見ることができました。

 

それだけではありません!

実はこのクーポンは、チェックイン時に「おもちゃ5個」か「お菓子5個」どちらかをもらえるのですが、小さな子供向けだと思っていたので、もし貰えたとしても何かお菓子をもらおうかな~と軽く考えていました。

すると、ホテルの方が「もしよろしければ、売店で使える1,000円券にされませんか?」と。

 

え?!

ええええええ????

 

おもちゃ5個、もしくはお菓子5個が1,000円券になるの?!

 

驚きました。もしかして、「5,000円以上で使える割引券」かしら?と思いましたが、本当に普通に1,000円として使うことができたのです!

ありがたく、自分土産に【大人の飲み物】を購入させていただきました笑。

 

さらに、このクーポンの特典で、チェックインの時にパンダちゃんセットなるものが貰えるのですが、特に期待していたわけでもなく、「そう言えば何かそんなこと書いてたな」程度に思っていたのですが、そのパンダちゃんセットはビニールの巾着袋に、パンダちゃんの絵柄の小さめのスポーツタオルと、歯ブラシが入っていました。

 

実はこれが、大助かり!

私はこの日、部屋から温泉場まで着替えや洗面道具を入れていく小袋を忘れていました。このパンダちゃんのビニール巾着が役立ちました。

そして、母は珍しくこの旅行にハンカチを持ってくるのを忘れていたので、パンダちゃんタオルが翌日非常に役立ったようです。

 

このほかにも、たまたま立ち寄った場所で、偶然のタイミングでお花をいただけたり、予定にはなかった観光地が近くにあることが判明し、1キロほどの寄り道で素敵な景色を望められたりと、良い事だらけの1日目となりました。

 

ね、なんかすごくないですか?

やっぱりFP(可能性のフィールド)は存在するのです。

 

一番すごかったのは、道の駅巡りの予定の途中、ベストな位置にホテルがあり、またその場所は9つの道の駅の後だったので、1日でそんなに沢山巡れるとは!という事だったのですが、予定以外にも、ホテルでもこれだけの良いことがありました!!!

 

これぞ、私が48時間以内に受け取った贈り物なのです。

 

もう、当然…またお願いしちゃうよね?!

48時間以内に!と言っていた期限が切れちゃったので、早速追加注文しましたよ。

 

さて、旅行2日目。道の駅を良い感じで、11個も巡ることができたし、なんといっても一番恐れていた“酷道”も、トラブルなく通行することができました。

更に、最終地点から滋賀に戻るときには、その場にいた職員さんが、わかりやすく丁寧に道を教えてくださったので、暗い夜道を酷道を通ることなく、新しくできたバイパス(トンネル)で、悠々と帰宅することができました。

帰り道、途中で立ち寄ったスーパーでは、好きなスイーツがお買得になっていたし、最終的にはこの旅行では、これだけ巡れれば御の字だね、と思って全部は巡れない覚悟で多めに予定していた道の駅をすべて回ることができ、ツキまくりの2日間となりました。

 

これが、今回の実験1の結果です。

実験結果を詳細に残すため、ちょっと旅行の話になってしまいましたが、長文をご覧いただきありがとうございます。

 

実験はまだあるので、この後も引き続き、実験を続けたいと思います。

 

関連記事

☆【実験結果】こうして、思考は現実になる【実験2】☆

☆引き寄せの法則では、その過程は想像してはいけないの?!☆

 - 引き寄せ, -実験結果