好きなことだけして生きていく!滋賀おひとりさまが行く!

滋賀おひとりさまのnaoが食やお出かけ、引き寄せの法則など興味のあることを書き綴ります

鼻の下が長いなら…リップペンシルがおすすめ!プチプラコスメ♪

      2017/04/17

DSC_1974

一気に更新していますが、こちらも購入品のメイクアップアイテム

インテグレート リップフォルミングライナー BE350

毎度毎度、暗い画像で申し訳ございません(;´∀`)

と、と、とりあえず記録しておきたいと思います。

 

スポンサードリンク

リップペンシルは顔の印象を左右するアイテム

実はわたし、資生堂 ザ・ギンザでメイクレッスンを受けるまでは、リップペンシルに対して「口紅をきれいに塗るためのものでしょ?」という認識しかありませんでした。

 → ◇資生堂ザ・ギンザのメイクレッスン体験!【画像あり】リストNo.9◇

レッスンの感想ブログ記事にも書いたのですが、資生堂 ザ・ギンザでは、特殊な機械で顔を分析・数値化して、美人の黄金比と比較したうえで、黄金比に近づけるメイクを教えてくれるんです。

わたくしの顔…なんと、

・顔の長さ→短め

・眉 → 高め

・目 → 高め

・鼻 → 高め

それでいて……

・口 → 低め

おおぅっ!!

いいですか、これはざっくり言うと…

鼻の下が長い!!!!!

ってことなんですよ、あなた!

間抜けだわ。

確かに、なんか間抜けな顔してると思ってたんだよね~。

ただ、こちらは天下の資生堂のメイクレッスンなので、こんな間抜けな顔も何とかしてくださいます。

ビューティーメンターIさん「口の位置を上げましょう!!!」

ワタシ「え?口、上がるんですか?」

ビューティーメンターIさん「上がります!(キッパリ)」

口を上げる?

さて。私の顔は口を上げると黄金比に近づくらしい。

ということで、口の位置を上げることになりました。その方法は…

リップペンシルで上唇を水増しする!

私の唇はもともと薄め。そこで、唇の輪郭の外側をリップペンシルでなぞることで、リップペンシルの直径2mm分唇が厚くなります。

上に厚くなるということは、唇と鼻の距離が縮まるということ。ひいては、口の位置が上がるということなんです。

ひょえ~なるほど。

確かに、レッスンでそのようにメイクをすると、間抜け度合いが少し減ったように感じます。

これは、絶対買いだな!と思ったのですが、使用してくださったのがクレ・ド・ポーのリップペンシル。

超、お高級!

カートリッジが2,000円。ホルダーが3,000円。リップペンシルに5,000円+税

いやぁ……欲しいけど。。。。

さすがにクレ・ド・ポーは地元のスーパーには売ってないし、それよりなによりリップペンシルに…、くちびるの外枠を囲むのに5,000円+税はちょっと贅沢じゃないか?と思いました。

そこで、マキアージュ……に行っても良かったのですが、どうせレッスンと違うものを選ぶのなら、買ったら本当に使うのかどうかの確認を兼ねて、もっと安いのでもいいんじゃね?と思いました。

インテグレート リップフォルティングライナー BE350 864円(税込)

DSC_1974

そんな私が白羽の矢を立てたのが、同じく資生堂のインテグレート リップフォルティングライナー

 → 資生堂 watashi+

こちらは、864円とプチプラです。

万が一失敗しても、痛手は少ないでしょう。

しかも、資生堂なので、色味も似ているのでは?という期待も込めてセレクト。

カラーバリエーションは全4色

カラーバリエーションは上のリンクから確認できますが、全4色

ざっくり言うと、ピンク2色、レッド1色、ベージュ1色といったところでしょうか。

ビューティーメンターのIさんは、私のくちびるの色を見ながら選んでくれていたので、そのことを思い出してくちびるに一番近いであろう色味を選びました。

ちなみに、BE350はこんな感じ。

DSC_1976

あぁ、やっぱり画像が暗いですね、すみません。

ティッシュにグイグイ書いてこんな感じです。

リップラインがしっかり書ける!

使ってみた感想は、リップラインがしっかり書ける!

色の付きもいいし、のびもいい。

それでいて取れにくいので、うっかりすると口紅(私は無添加を謳うファンケルを使用)だけが取れて、外枠だけが残る木の実ナナさん状態になってしまいます。

ポイントはギリギリのラインを書く!

DSC_1975

しっかり線がひけるので、欲張ってくちびるより上目を書くとかなりおかしな印象に(;´∀`)

いつも見ている顔と違うからかもしれませんが、ちょっと違和感を感じます。

くちびるのふくらみと色味のラインが異なるのも違和感の原因のひとつかも。

ということで、私のように唇の位置を上げたい人(鼻の下が長めの人)のポイントは、上唇ギリギリ上目のところにラインを引くこと←伝われ!

ラインを引いたあとは、くちびるにも少しぼかすように色をつけてから、一回り大きくなったくちびるに口紅を塗ればOKです。

これで違和感がなくなりました!

うん、いい感じ。

ちなみに、私は下唇はくちびるのラインの内側ギリギリに書くように言われたので、オーバーリップにはしていません。

肌荒れもなし!

実は使い始めた当初、くちびるがヒリヒリするのでこのリップペンシルが原因かなと思ったのですが、原因は別にありました。

くちびるや口周りの肌荒れもなしでいい感じです。

コツさえつかめば、かなりいい感じで使いこなせるのでお気に入りアイテムの一つ。

もちろん若い方の「ぷっくりくちびる」を作るのにも良いのではないでしょうか?

そして、口コミを見てみると「たらこくちびるの補正」にも使えるようです!

使えるアイテムでした!

プチプラコスメでどうだろうか?と心配しましたが、発色、のび、肌荒れの観点からみても使えるアイテムです。

出しすぎて戻らなくなると嫌なので、あとどのくらいあるのかはわかりませんが当分使えそう。

これからも、色んなアイテムをためして自分比できれいになりたいです!

 ↓ 口コミの評判も上々です♪

 


関連記事

◇メイベリン EVラスティング ジェル ライナーがにじむ場合の対処法◇

◇【TATOO】人生初の眉マスカラに挑戦!超初心者にもおすすめ◇

◇100均メイクブラシ使ってみた!安い!プチプラだけど天然毛♡◇

 - 美容・健康, -メイクアップ