好きなことだけして生きていく!滋賀おひとりさまが行く!

滋賀おひとりさまのnaoが食やお出かけ、引き寄せの法則など興味のあることを書き綴ります

「書くだけで30Kgやせました」を読んで一週間で1kg痩せた☆

   

dsc_1156

ダイエット、それは永遠のテーマ(私的に)

過去に何度チャレンジして、何度失敗したでしょう。。。

 

ってか、私的には失敗したという意識はなく、いつの間にか忘れてたっていう程度。

そこそこ成功したダイエットもあるんですよ♪

(反省の色なし)

 

今回は、東京大学医学部付属病院、糖尿病代謝内科の大橋健先生著作の

「書くだけで30Kgやせました」

を読んだのでその感想をまとめておきます。

 

スポンサードリンク

 

書くだけで30kgやせました

dsc_1156

この本は、ご本人が糖尿病代謝内科の医師でありながら、体重115kgを記録。

そこから1年間で30kgの減量に成功した体験談がつづられています。

 

ダイエット法は書くだけ

元の体重がスゴかったとは言え、1年間でマイナス30kgを達成した先生のダイエット法が気になるところ。

そのダイエット法とは…なんと…書くだけ!

いや、タイトル通りですね。

 

書くだけダイエットと言えば、レコーディングダイエットの提唱者である岡田斗司夫さんの著書、

「いつまでもデブと思うなよ」

が有名ですよね。

(どうやらリバウンドされて、今ではご本人がこの理論を否定されてるようですが(;´Д`))

 

ちなみに今回私が読んだ本は、「いつデブ」(勝手に略しちゃった)より2年後に発売されたそうです。

 

大橋先生のはほんと、簡単!

実はわたし、万年ダイエッター(死語)なので、「いつデブ」も読んでいたんですよ。

で、ちょこっとやり始めるワケなんですが、なんかこう…めんどくさくなるんですよね。

 

だって、「書くだけ」の項目がどんどん増えていくんです。

最初は食べた物と体重だけ、次にカロリー、体脂肪などなど。

しかも手順が7項目に分けられていて、きっちりやりたい派の私としては、守らなきゃと思って面倒になるという…。

 

だってそのうち、目標の摂取カロリーとか計算し出すんですよ。

書くだけで痩せると思って始めてるのに、ちょっとサギっぽくないですか?(そのくらいガンバレ、私!)

 

ところがこの「書くだけで30kgやせました」は、細かく手順が設定されてるわけでもなく、食べたもの以外のコレを書け、カロリーを書けなど強要されることもありません。

ただ淡々と、食べた物と時間を記録するだけなんです。

先生ご自身のメモは、食べたものを書き続ける中で、気づいたことも一緒にメモするといった具合に項目も増えて行くのですがこれを読者に強要しません。

ただひたすら大橋先生がたどった減量への道を聴いている感覚なのです。

途中、先生自身が気づいたこと、気づいて実行に移したことも書かれているのですが、これもさらりと読んで、良ければやるだけ、別にやらなくてもいい感じなのが気楽。

 

だから、とても楽チン!

 

これならやってみようって素直に思えたんです。

 

私は単語帳を使用

書くだけダイエットと言えば、何かに記録を残さなくてはいけません。

実は私、今まで何度かレコーディングダイエット(らしきもの)にチャレンジしたことがあるのですが、携帯やスマホを使用していました。

特にスマホになってからは、便利なアプリがたくさんありますよね。

しかも私は常にスマホを身近に置いているので、これなら書き逃すことはありません。

 

 

………って思うでしょ?

でもダメでした。

スマホのアプリを使って記録して、今まで続いたためしがないんです(゚Д゚;)!!!

 

だって、食べる直前にスマホのロック解除して、アプリを立ち上げて、食品を検索して入力…とかメンドクさすぎません?

今すぐ食べたいし!!

って思いが強くなって、結局書かなくなるんです。

 

そこで、今回は手書きにすることにしました。

最初は張り切って小さな手帳でも買おうと思ったのですが、使い道がない単語帳を発見。

とりあえず…でこれに書き始めました。

すると、外出時にも邪魔にならないし、ポケットにもするっと入るから意外と便利。

 

何より、スマホ→手書きに変えたのが良かったようで、既に20日間続いています。

(途中2日間だけ抜けたけど)

 

手書き → 翌朝アプリへ入力

手書きの良さは、書いた分量が一目でわかること。

だって、アプリだとどれだけ入力しても画面の大きさは変わりませんよね。

でも手書きなら、たくさん食べた日は単語帳の裏面まで進出するんです。

もちろん、食べ放題と書いても、キャベツと書いても同じ一行だけど、やっぱり沢山食べる日は行数も増えることが多いのです。

そういった場合に、目で確認できるので色々気づきやすいです。

 

ただ、手書きの場合はカロリー計算ができません。

カロリーはあまり気にしていないものの、やはり知っておくくらいは知っておきたい!

そこで、少しお行儀が悪いですが、前日分の食べた物を翌日の朝食時にアプリに入力しています。

 

こんなふうに、リズムを決めてしまえば入力忘れもありません。

体重もグラフで見ることができるし、カロリーも一目瞭然。

毎日入力することで、細かいカロリーなどはわからなくても、大まかに「最近カロリーオーバーな日が続いてるな」ということがわかるんです。

 

私の場合、1週間でマイナス1kg達成!

手書きメモとアプリのおかげで、開始から1週間でマイナス1kgを達成しました。

 

因みにダイエット前の私のスペックはと言うと、

アラフォー

身長:170cm

体重:62~63をウロウロ

でしたが、書くだけダイエットを始めて1週間経過してからは、

体重:61~62をウロウロ

に変わりました。

丁度1kg減った計算ですよね。

 

この間、辛い思いをしたことは一度もありません。

書くのがめんどくさいと思ったこともありません。

食べ物を我慢したことも、もちろんありません。

さっき、2日間抜けたって書いてますが、本にも「書かない日があってもいい」って書かれてるので気楽です。

昨日は書かなかったけど、今日は書いてもいいやって思えるから書いてみよう。

こんな感じで復活です。

これが今までとは違うところです。

 

書き始めて20日経過で、マイナス1kg。

これをなかなかの成果だと思うのか、全然ダメと思うのかは人それぞれですが、私にとって全く何の苦労もなしにマイナス1kg減ったと言うのはうれしいことなんです。

 

因みに昨年9月までは57~58Kgでしたが、仕事を変えてからは体重がぐんぐん右肩上がり笑。今年のお正月に63kgを突破してから抜け出せませんでした(;´Д`)

何をしても63kgあたりをウロウロ、ちょっと痩せても2~3日で63kgに戻ってたのに、書くだけで61~62kgをキープできるなんてやっぱりうれしいものです。

 

折しも「ためしてガッテン」で、短期間に体重の増減があると体に良くないという特集をやっていたので、1カ月で1~2kgマイナスくらいでいいやって思っていたのでこれで充分。

11月末頃には60~61kgあたりをウロウロ、そして年末には60kgを切りたいなと思っています。

 

実際に取り入れたこと

ダイエットをするぞ!と思って始めたのは、本当に書くだけだったのですが、それに付随して行動として取り入れたことがいくつかあります。

 

よく噛んで食べること

「書くだけで30kgやせました」の51ページ~にも書かれていますが、よく噛んで食べるようになりました。

太っている人はやっぱり大食いの気があると思うんですが、たくさん食べたい、早く食べたいという思いが強すぎて(?)あまり噛まずに食べてることが多いと思うんですよね。

その結果、超スピーディーに食べ終わって口さみしくなるから、ついつい必要以上の量を食べることになるような気がしているのです。

今、腸活にも興味を持っていることもあり、しっかり噛んで食べることを意識しました。

その方が、長時間食事を楽しめる(長時間食べられる)もんね( ̄ー ̄)ニヤリ

 

その結果、食事時間が長くなり、普通の量で満腹感を感じるようになりました。

食事時間が長くなったことで、「もっと食べたいからお菓子食べちゃおう♪」と思うことが少なくなりました。

 

本にも書かれていますが、よく噛むことで素材そのものの味を味わうことができますし、実際に30回は噛んでやろうと決意すると、ご飯粒などの場合30回じゃ完全にかみ砕けないことがわかりました。

本に書かれている通り60回は必要だわ~と感じています。

 

ただ、外食時にいつまでもいつまでも咀嚼するわけにはいかないので、とりあえず自宅での食事だけにとどめています笑。

 

たまたまラジオ体操を始めた

今日から書くだけダイエットを始めるぞ!と決意していた日、朝目覚めると…

体が辛かった(;´Д`)

 

年に数回あるのですが、朝起きると疲れていたんです。

肩こりや体の痛みも感じていました。

これは安静にするよりも、体を動かすことで解消できそうだな…と思った私は、以前体育の先生を目指していた友人が、ラジオ体操をしていると聞いたのを思い出しました。

NHKで朝やってるらしいんです。

時計を見ると6:20。

ラジオ体操の時間をスマホで調べると6:25から!

ビンゴ!

 

ってことで、早速「みんなの体操」「ラジオ体操」をやりました。トータル10分くらいです。

ラジオ体操って、ただのお年寄りの体操だと思っちゃぁいけません!

なかなかの運動量ですし、効率よく体のいろんな部分を動かす運動として、今見直されてるそうですね。

その日ラジオ体操をしたことで、朝起きた時に感じた違和感は消えてスッキリしました。

ということで、その日以降7割くらいの割合で、朝10分間テレビを見ながら体操をしています。

 

夕食の時間が早まった

実はこれも前から取り組みたかったことなのですが、我が家の夕食は19時~が基本でした。

これを18時~にしようという話し合い(オーバーな…)が進んでいて、ちょうど書くだけダイエットを始めたタイミングで、夕食が18時~になりました。

夕食を18時までに食べ終えても、その後お菓子を食べることもありますが、これも良い効果が出ているのかもしれません。

 

書くだけダイエット続けます!

色んなタイミングが重なりましたが、何度も言うようですが、実際にダイエットのために始めたのは書くだけです。

ただ、書くことによってこんなふうにスルっと行動に移せているのかな?とは思っています。

 

この本を読んだことで、久しぶりに61kg台をキープできているのが嬉し♪。

特に苦労もないので、これからも続けていきたいと思います。

そして、またいい報告ができるくらい減量できたら、こちらで報告しますね☆

 

今までレコーディングダイエットに失敗した人にこそおすすめの一冊です!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料/書くだけで30kgやせました/大橋健
価格:720円(税込、送料別) (2016/11/4時点)

 

関連記事

◇資生堂ザ・ギンザのメイクレッスン体験!【画像あり】リストNo.9◇

◇【画像あり】ナイアードヘナで白髪染め!やり方仕上がり紹介◇

 - 美容・健康, -ダイエット