好きなことだけして生きていく!滋賀おひとりさまが行く!

滋賀おひとりさまのnaoが食やお出かけ、引き寄せの法則など興味のあることを書き綴ります

伊勢神宮ランチ!おはらい町で名物グルメ【伊勢うどん・てこね寿司】

      2017/01/15

DSC_1395

2017年1月11日(水曜日)、伊勢神宮に初詣に行ってきました☆

お参りで日ごろの感謝と新たな決意をしっかり述べて、すがすがしい気持ちに♡

その後のお楽しみと言えば、ランチ&食べ歩きです。

伊勢神宮は1年に1度お参りするのですが、ガッツリとランチを食べるときと、食べ歩きで済ます時があります。

今回はお店でランチをいただきました。

お店で頂くときはいつも伺う、おすすめの伊勢グルメを紹介します☆

スポンサードリンク

お座敷でゆっくりお食事!手こね茶屋

DSC_1399

伊勢神宮にお参りした後、食べ歩きではなくゆっくりお食事をしたい。

そんな時におすすめなのが、おはらい町を始め周辺にいくつかの店舗をもつ「手こね茶屋」さん。

 → 手こね茶屋 公式サイト

伊勢名物がセットでいただける!

DSC_1392

せっかく伊勢でランチを食べるなら、伊勢名物が食べたいですよね。

伊勢名物と言えば、伊勢うどん手こねずし

この2つ両方をセットで食べようと思うと、たいていのお店で2,000円を超えちゃいます。

たまにだからいいんだけど、この後食べ歩きもしたいし…と考えると、もうちょっとリーズナブルにいただきたいというのが本音。

手こね茶屋さんなら、そんなわがままな願いを叶えてくれます!

 

おすすめメニューは名物あわせ1,520円

DSC_1394

(↑クリックで大きくなります)

手こねずし、伊勢うどん、さんまずしなど様々なメニューがあるのですが、その中でも私が毎回オーダーするのが、その名も「名物合わせ」1,520円。

DSC_1395

手こねずし+伊勢うどん、茶わん蒸し、小鉢、お吸い物、お漬物がついたお得なセットです。

ご覧いただくとわかるのですが、手こねずしと伊勢うどんはセットにありがちな「ハーフサイズ」ではなく、限りなくフルサイズに近いサイズ。いや、フルサイズといっても過言ではないかも。

女性ならかなり満腹になります。

男性でも量が足りないということはないでしょう。

伊勢うどんは、「え?コシ?なにそれ?」的な、ぐんにゃりとした柔らかめのおうどん。

俳優の堺雅人さんいわく、「宮崎(出身地)のうどんもこんな感じでコシがない」そうです笑。

ちょっと甘みのあるお出汁と絡めていただきます。

手こねずしは、カツオの漬けと海苔、酢飯を混ぜ合わせたお寿司。

このセットをいただくと、伊勢に来たなぁ…としみじみ。

店内は椅子席とお座敷がある

DSC_1393

店内は椅子席とお座敷があります。

お座敷は掘りごたつではないので、膝が悪い方はテーブル席へ。

テーブル席も、2人席、4人席そして、店内中央は相席前提の大きなテーブルになっているので、おひとり様も入りやすいでしょう。

私たちは平日の11時ころに入店したので空いていましたが、30分もすると店内ほぼ満席。

曜日や時間帯によってはかなり並びます。

そんな時は、少し離れた…と言っても歩いて行ける本店に行ってみてもいいですね。

店舗案内や詳しいメニューは公式サイトに載っています。

 → 手こね茶屋 公式サイト

ちなみにお客さんの年齢層は比較的高め。

若い方たちは食べ歩きが楽しいのかな?

なので、ゆっくりのんびりいただけます。

ただ、私が伺った内宮店は、お店が2階にあるのでバリアフリーではありません。

もし階段がキツイ!という方は、おはらい町中央店がおすすめです。

ちなみにおはらい町中央店では、店の外にある長椅子で気軽に食べられるメニューも充実。

手巻きになった手こねずしやおうどんなどが気軽にいただけますよ~!

今回も大満足♪ごちそうさまでした☆

毎回新しいお店を開拓しようと思うのですが、

手こねずし+伊勢うどん

の両方が食べたい…と思って探すと、やはりこちらが一番リーズナブルなのです。

手こねずし+伊勢うどんじゃないのなら、次回はおかげ横丁内にある「豚捨」で牛丼(1,000円)をいただいてみたいなぁと思っています。

ただ、今回は伊勢=うどん&手こねの気持ちでいっぱいだったので、牛丼や食べ歩きをなげうって、手こね茶屋さんに伺いました。

今回も大満足♪ごちそうさまでした~☆

関連記事

◇おはらい町食べ歩き&お土産おすすめ8選!伊勢神宮の後はココ!◇

◇1月11日に伊勢神宮内宮へ初詣!混雑状況と駐車場状況も☆◇

 - 食べたもの, -三重