好きなことだけして生きていく!滋賀おひとりさまが行く!

滋賀おひとりさまのnaoが食やお出かけ、引き寄せの法則など興味のあることを書き綴ります

ブルーライトカットパネルPC用!フィルムより便利♡目と肌のために

      2017/08/16

DSC_3095

私は普段、自宅でPCを使って仕事をしているのですが、今までブルーライト対策がまだまだできていませんでした。

OL時代にも毎日パソコン使ってたしぃ~なんて軽く見ていたのですが、ブルーライトの健康被害が大きな問題になってきていること、まただけではなくにもかなりの悪影響を及ぼすことを知り、こうしちゃいられない!!とPCのブルーライト対策に乗り出したというワケです。

今回私がPCのブルーライト対策として購入した、パソコン画面保護パネルを使った感想をまとめてみました!

 

スポンサードリンク

ブルーライトでどんな悪影響があるの?

26406c3a091648e89bf4a39fa2c579e2_s

ブルーライトは良くない。ここまでは今となっては誰もが知る事実だと思います。

でも、ブルーライトったら、私が思っていた以上に私たちに悪影響を与えてるそうなんです汗汗汗。

特に美容に気を付けている女性にとっては、見逃せない悪影響もあるんですよ。

ってことで、詳しいことは専門のサイトを参照していただくとして、簡単にまとめてみましょう。

目に対する悪影響

ブルーライトが原因で眼精疲労を起こすと言われていますが、実際に体感している人も多いのではないでしょうか?

そもそもまぶしがりやの私は、本を読むときには感じない違和感を、PC画面からは感じることが多々あります。

数か月前にJINS(ジンズ)ブルーライトカット用の眼鏡を購入したのですが(これについてはまた別記事で)、一度それに慣れてしまうと外した時の画面のまぶしさがハンパありません。

ということは、これまでメガネなしで使っていた時よりも、眼鏡をかけることでブルーライトの影響が減らせて目が楽に感じているということですね。

肌に対する悪影響

目に対する悪影響はずっと認識していたものの、数か月前にブルーライトが肌にあたえる悪影響を知りぞっとしたことを覚えています(゚Д゚;)!!

あまり真面目に紫外線対策ができていない私でも、外出する際は顔には一年中日焼け止めを使用し、作業スペースの窓には紫外線カット作用のあるカーテンをかけています。

その程度には紫外線に気を使っていたのですが、なんと紫外線よりもブルーライトの方が、より強力に肌の奥まで侵入してくるって話じゃないですかっっっ!

肌の真皮層に入り込んだブルーライトは、活性酸素を発生させ、たるみ・くすみなどの老化肌を引き起こす………。

聴いてない!聴いてないよ~( ノД`)シクシク…

という気持ちでいっぱい。(自分の知識不足を恨んだね)

会社でPCを使うのであれば、このワタシだって日焼け止めを塗って、その上から申し訳程度にもメイクを施しています。

これらの防御壁があるので、肌がダイレクトにブルーライトを浴びることはありません。

(もちろん影響は受けているでしょうが)

ところが自宅で仕事を始めて約2年

そのほとんどをノーメイクで、日焼け止めも塗らずにパソコン画面の前に顔をさらしてきてしまいましたショボ――(´-ω-`)――ン。

このブログにも書いている通り、美容熱が上がるものの今一つ効果が表れていないのは、ブルーライトのせいだったんじゃね?と考えるように。

しかもそれを知ると、画面からでる光でジリジリと肌が焼けていく気がしてしょうがない。

今ではスマホ焼けなんて言葉もあるんですって。

以前このブログでもちらっと触れたことがあるのですが、今ではブルーライトに効果を発揮する日焼け止めも各メーカーから出ているそう。

今ある日焼け止めを使い切ったら、次はブルーライト対策ができる日焼け止めに変える予定です。

睡眠にあたえる悪影響

私はどんなサプリよりも、どんな美容液よりも睡眠が大事だと思っていて、サプリは飲んでいるけれどそれも睡眠をきちんととったうえで効果を発揮するものだと思っています。

巷で言われる、睡眠直後の3時間を熟睡できれば、肌の再生や日中に受けたダメージの回復に必要&ダイエットにも欠かせない、成長ホルモンがビシバシ出るって言われています。

要するに、睡眠の質をあげれば、美肌も健康もダイエットにだって有利になるんです。

が、しかし……………

夜にブルーライトという強烈な光を浴びることで、脳が「夜じゃないんじゃね?」って錯覚するそうです。

そう、目が冴える、寝付きが悪くなるなどの睡眠の質が下がった状態。

それどころか、ブルーライトを浴びて眠ると、ホルモンが充分に分泌されないなんて話も小耳にはさみました。

そのサイトには、夜にスマホを見た日は、肌の修復は諦めてください的なことが書かれていて、ひょえ~~~って思ったものです。

もう、絶対嫌よね?ブルーライト。

そんな経緯があって、今までのほほんとやり過ごしていたブルーライト対策に力を入れ始めました。

PC用ブルーライト対策パネルを購入!

メガネだけでは肌への影響は防げない!と気づき、画面そのものを覆う方法を考えることになりました。

因みにスマホも対策済み!スマホは90%カットです♪

 → ◇ブルーライトは肌にも悪影響!ガラス製カットフィルムを購入しました◇

 

ブルーライトカットといえば、一番に思い浮かべるのがフィルムを貼ることではないでしょうか?

私も「ブルーライトカット フィルム」などで検索しました。

すると、ブルーライトカットパネルなるものも検索に引っかかってきたのです。

ブルーライトカットパネルはひっかけるだけで使える!

ブルーライトカットパネルは、文字通りパネルになっているので、PC画面にフィルムを貼る必要はありません

私はノートPCを開いて、フックを画面にかけるだけ

超お手軽です!

もともと、フィルムを貼るということにどうも苦手意識があるので、俄然パネルに興味が出てきました。

ブルーライトカット PC用パネル購入

本当はブルーライトカット率が90%のものが欲しかったのですが、パネルではそんなに高いカット率のものはありませんでした。

まぁ、スマホに比べると発せられるブルーライトの量が少ないということと、スマホよりは顔への距離も開いていることなどから90%じゃなくてもいいか……と。

そこで、レビューを見て、価格的にも比較的手軽に購入できて、自分のPCとサイズが合いそうなものを購入。

ちなみに購入した商品はコレ↓↓(商品名がイマイチよくわからない汗)

 

↑楽天はこちら

↑アマゾンはこちら

商品も同じで販売元も同じようなので、価格・送料なども私が調べた限りでは同じでした。

私はアマゾンでポチリ。

リンク先はノートPC用 15.6インチのサイズですが、他のサイズも用意されています。

ブルーライトカット率は42.95%SGS検査機関にて実証済みとのこと。

前述のJINSの眼鏡と、日焼け止め+パウダーでできる限り対策することにして、とりあえず42.95%のカット率でも良しとしました。

ブルーライトカットパネルを設置!

実はスマホと同じタイミングで対策したかったのですが、人気商品のようで品切れ

とりあえず予約しておいたものが8月9日に到着しました。

ブルーライトカットパネル到着!

DSC_3089

こわれもの下積み厳禁のシールがペタペタと貼られています。

箱自体もしっかりしているのですが、プチプチの緩衝材で包んでくれているので安心。

DSC_3090

裏面にもこわれものシールを貼ってくださる心遣いがGOOD!

DSC_3091

プチプチをはがすと、キレイな箱が出てきました。

右下のシールは中に入っている商品のサイズを表しているようです。

DSC_3092

中からは、ビニール袋に入れられた黒色の袋が。

DSC_3093

写真では紺色っぽく写っていますね。実際には黒色です。

それと説明書と画面を拭くためのクロス(薄黄色)がついています。

DSC_3096

既にパネルを使いはじめていますが、説明書自体はまだ読んでいません(笑)。

それほど設置は簡単ってことですね。

DSC_3094

袋からパネルを出したところです。

DSC_3095

白い壁の前で。

うっすらグレーがかった色味

でも、PCに設置するとそれ程違和感はありません

DSC_3097

写真自体が黒くて参考にならないかもしれませんが、パネルを設置したところ。

半分だけにしてみましょう。

DSC_3098

あまり変わらないことがお分かりいただけると思います。

 

設置して感じたことは、ほとんど画面の色味が変わらないということ。

ブルーライト対策をすると、画面の色が変わることが気になる場合があると思いますが、私的には違和感はありませんでした。

どっちかというと、正直JINSのPC用メガネの方が画面の色の見え方が変わるので、PC保護パネルをプラスしたところで色味に変化は感じられません。

また、フィルムだとそう簡単にはがすことはできませんが、パネルなら簡単に脱着できます。

ネットショッピングなどで色味をしっかり確認したいときは外すこともOK。

フィルムならこうはいきません。

カットパネルを使って良かった点

ブルーライトカットパネルを使って良かった点をまとめました。

その1. 装着が楽

ケースから摂り出したら、数秒後には装着終了

なんといってもひっかけるだけなので、フィルムのような手間がかかりません。

当然ながら、間に空気が入ってしまい悔しい思いをしたり、フィルムがズレたりすることもありません。

唯一の手間と言えば、ノートPCを閉じる度に外さなければいけないことくらい。

でも保存用の袋があるので、それに仕舞ってPCの上に置いておけばいいだけなので全く手間には感じません

その2. 万が一のときすぐに外せる

先ほどもお伝えした通り、画面の色をダイレクトに確認したいというシーンでもパネルなら安心。

1秒で外すことが可能です。

そしてまた1秒でつけることも可能です。

フィルムだとこうはいきません!(←よほどフィルムに苦手意識があるらしい)

その3. 顔へのジリジリ感が軽減された

これはもしかすると心理的なものかもしれませんが、PCの前に座った時に感じていた肌へのヒリヒリ感が軽減しました。

今まで見えない光によるのようなものを感じていたのですが、目も肌も楽に呼吸ができるようになった感じです。

装着することで色の変化があまりないことと、JINZの眼鏡をかけているのでもともと目へのブルーライト対策はできているということで、目への刺激よりも肌への刺激が随分軽減されたなと感じます。

その4. 日焼け止めを塗らなくても罪悪感が軽減された

ブルーライトの肌への影響を知ってからは、できるだけ日焼け止め+パウダーをつけてからPCでの作業をするようにしていました。

それでも、たまには日焼け止めなし、ノーメイクで作業をする日もあるのですが、その時の罪悪感が随分軽減されました。

心理的なものですが、これはこれでかなりになりました。

その5. 長期的に見て安心感を得られた

使用し始めてまだ1週間程度なので、直接的に肌や目の変化は感じられないのですが、こういうチリツモ系の悪影響はできるだけ避けておきたい!

その安心感を得られることができました。

ただ、つけることで目が楽になる感覚肌へのジリジリ感の軽減即実感しているので、長期的にみると確実に目にも肌にも良いのではないでしょうか。

購入前に気になっていたこと

購入前に気になっていたことが少しあったので、それについても書いておこうと思います。

反射しない?

口コミなどを見ていると、たいていの方が大丈夫そうだったのですが、1名だけ反射による画面への映り込みひどいという方が。

販売前に分かるレベルだ!!と少々お怒りになるくらいひどかったようなので、少し心配していました。

私は窓際で使用しているのですが、白色の紫外線防止カーテンを閉めていることもあってか、反射による映り込み全く気になりませんでした。

とにかくパネルを着けたことによる違和感がまったくなく、どのくらいないのかというと外すのを忘れてPCを閉めそうになるくらい(笑)(←2、3回やらかしました)

そのくらい、見え方については変化なしです。

サイズ感は大丈夫?

これに関してはありがたいことに、「私が使っているダイナブックにもぴったりでした」というような口コミがあったので安心していました。

私が使っているのも、ダイナブックのノート。型番はT75で15.6インチ

サイズ感はぴったりでした♪

買って良かったPCパネル

私は自宅でしかPCを使用しないのですが、複数のPCを使用する人にとっても脱着が便利なパネルは大活躍しているようです。

また、会社で使用するPCが限定されていない方や、部署移動が多いからパネルを選んだという方も。

確かに会社のPCに対策するのなら、パネルは最適ですね。

実は今も、夏休みだしぃ~なんてダラけきって、ノーメイク、ノー日焼け止めでブログを書いています。

でも、ジリジリ感は感じません( ̄ー ̄)ニヤリ

買って良かったものがまた一つ増えました。

次は、ブルーライトカット作用のある日焼け止めだな。

その為には今あるものをきちんと最後まで使い切りたいと思います。

美肌や目の健康を考えるかたにはおすすめの商品です♪

 

関連記事

◇ブルーライトは肌にも悪影響!ガラス製カットフィルムを購入しました◇

◇毛玉ブラシは平野がおすすめ!楽天で購入可能【使用後画像あり】◇

◇ファンデーションブラシおすすめ♡エトヴォススターターキットがお得◇

 - 美容・健康, 購入品, -スキンケア, -ヘルス