好きなことだけして生きていく!滋賀おひとりさまが行く!

滋賀おひとりさまのnaoが食やお出かけ、引き寄せの法則など興味のあることを書き綴ります

サロン・デュ・ショコラとアムール・デュ・ショコラどっちがおすすめ?

      2017/03/15

DSC_1528

インスタやってます! → nao.happy (食べ物メインです笑)

 

2017.02.01、いよいよ京都でもサロン・デュ・ショコラ2017がスタートしました!

そして、2017.01.25からは、高島屋京都店にてアムール・デュ・ショコラが開催されています。

 

サロン・デュ・ショコラ京都会場の初日となる昨日、さっそく出かけてみました!

 

スポンサードリンク

年に一度のチョコレートの開催

私自身ももちろんチョコレートは好きなのですが、実は家族が大のチョコレート好きで、毎年この季節を楽しみにしています。

そのため、お出掛け好きの私もお供するのが、ここ数年の行事となっております。

 

サロン・デュ・ショコラは、もともとフランスはパリが発祥の地。

世界各国からショコラティエが集合し、その年の渾身のチョコレートを発表します。

つい先日、マツコの知らない世界で楠田恵理子さんが紹介されていたので、「あぁ、あれね」と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

アムール・デュ・ショコラは、高島屋とベルサイユのばらがコラボしたチョコレートの祭典です。

サロン・デュ・ショコラのように世界規模ではありませんが、こちらも国内外の有名ショコラティエやパティスリーが一堂に会するのでチョコレート好きにはたまりません♡

 

どちらがおすすめ?

さて、この2つのチョコレートの祭典ですが、時間があれば両方行かれるといいと思いますが、どちらかしか行けないという方のために、私的おすすめポイントを紹介します。

どっちがいいかなぁ?と思うということは、言葉は悪いですが「チョコレートにそこまで興味がない…」ということですよね笑。

好きだけど、そこまで情熱がない…みたいな。

詳しい方は、どちらも開店前から並ぶ勢いなので、この記事はチョコは好きだけどそこまで強烈な思い入れはないという人に向けて書いてみようと思います。(←私もそういうタイプです)

 

サロン・デュ・ショコラがおすすめなのはこんな人

DSC_1516

 → サロン・デュ・ショコラ 公式サイト

サロン・デュ・ショコラの売り場は、とにかく「戦場」です笑。

東京会場では入場待ちの時間帯もあるようで、公式サイトで随時発表されております。

 

私が伺ったのは京都会場の初日、水曜日の午前中ということもありまだ穏やかでしたが(この写真の状況でも、期間中の土日を思えばかなり穏やかと言えるでしょう)、それでもお店ごとに長蛇の列が続いておりました。

10時開店で11時過ぎに到着した私は、昨年売り切れで食べられなかったアンリ・ルルーのクイニーアマンを食べるために列に並びましたが、購入できたのは30分後です。

【2017.02.04追記】

→ ☆サロンデュショコラ京都でアンリ・ルルーのクイニーアマンゲット♪☆

クイニーアマンとル フルーブのチョコを紹介しています!

【追記ここまで】

 

どのお店も行列…行列…行列…。

これが土日ともなれば、身動きが取れないほどの来場者です。

 

ちなみに、それほど広い会場ではありませんが、人が多すぎてお目当てのお店がどこにあるのかが一目ではわかりません。

会場でマップが配られているので、到着後まずマップを手にいれると良いでしょう。

DSC_1526

(クリックで大きくなります)

 

また、世界各国から有名ショコラティエが集合していることもあり、一つ一つのお値段がチョコマニアでない私のような一般人にすると信じられないほどの高級品です笑。

確かにこだわりぬいて作られた、まるで宝石のようなフォルム、さらに味、原料…となればそのお値段になるのは理解できますが、理解できることと実際に支払えるかは別問題。

例えばボンボンショコラが5つ入って5,000円とかザラです!

タブレット(板チョコ)なども、1枚で3,000円ほどするものもあり、本命チョコにするにしろ、余程のチョコ好きでその価値を判ってくれる人、もしくはこちら側が金銭的にかなりゆとりがある場合でなければ価格に対する価値がないかもしれません。

そのため、サロン・デュ・ショコラは、自分への御褒美チョコにするのが良いのではないでしょうか?(←高級でも食べたいのなら)

 

アムール・デュ・ショコラがおすすめなのはこんな人!

DSC_1528

 → アムール・デュ・ショコラ 公式サイト

 

アムール・デュ・ショコラは前述の通り、高島屋とベルサイユのばらがコラボしたチョコレートの祭典です。

そのため、世界規模とは言えませんが、国内外の有名パティスリーが集結し、いろんなお店のちょっと特別なチョコレートを多く見ることが可能です。

出典しているお店も、滋賀県のバームクーヘンでおなじみのクラブハリエであったり、京都のお抹茶でおなじみの辻利であったり、大阪北浜の五感も出店されていました。もちろんショコラティエも出店されています。

 

サロン・デュ・ショコラと比較すると、価格的にも親しみやすく、これなら一つ手に取ってみようと思える価格帯です。

(それでも、チョコに興味がない人にとっては高級ですが…)

また、会場案内はもちろん、冊子も無料で配布されていてとっても親切です。

DSC_1527

(クリックで拡大します)

DSC_1529

冊子の中はカラーで見ごたえがあります。

これが無料だなんて、太っ腹!

ちなみにサロン・デュ・ショコラはWEBパンフレットのダウンロードは無料ですが、紙ベースだと有料のようです。

もし、急がないのであれば、まずは冊子を手に取ってランチやお茶などしながら欲しいものをチェックすると、買い逃しがないのではないでしょうか?というのも会場をくまなく回ったつもりでも、あとからあんなのあったっけ?ってなるんですよね…。

 

アムール・デュ・ショコラは、1,000円以下の低価格帯のものも多く、バレンタインのプレゼント用としては現実的だと思います。

 

私個人的には、サロン・デュ・ショコラはそもそも高級すぎて「見てるだけ」という意識が強く、アムール・デュ・ショコラの方が手に取りやすい価格帯ということからも、見ていて面白かったです。

 

今年は昨年から気になっていた、鹿児島の焼酎ボンボンをゲットしましたよ♡

【2017.02.07追記】

→ ☆パティスリーヤナギムラ鹿児島焼酎ボンボンショコラ!バレンタイン♪☆

大人の男性にもぴったりのバレンタインチョコです♡

私は自分用に買いましたが、なにか?

【追記ここまで】

ちなみに昨年は…

 → ◇【マリベル】ショコラティエのアイスジェラートを食べました【MARIEBELLE】◇

 

毎年の恒例行事終了~☆

ということで、それほどチョコレートに対して熱量が高いわけでもないのですが、毎年行かなきゃ気が済まない(笑)チョコレートの祭典。

ことしも無事恒例行事を終えることができました。

ちなみにサロン・デュ・ショコラは

2月1日~6日が第一弾

2月7日~10日が第二段

2月11日~14日が第三弾

と分かれているようです。

興味がある方は一度覗いてみても面白いかもしれませんね☆

関連記事

☆サロンデュショコラ京都でアンリ・ルルーのクイニーアマンゲット♪☆

◇パティスリーヤナギムラ鹿児島焼酎ボンボンショコラ!バレンタイン♪◇

◇【マリベル】ショコラティエのアイスジェラートを食べました【MARIEBELLE】◇

◇京都でチョコレートの祭典だぁぁぁぁ~2016!◇

 - 京都お出かけ, -イベント